イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

ウエストミンスター宮殿、ウエストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

ウエストミンスター宮殿とは

ウェストミンスター宮殿は、イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に存在する宮殿。

現在は英国議会が議事堂として使用されている。

ウエストミンスター宮殿は、世界で最も有名と言ってよい国会議事堂です。

全長約265m、1100を超える部屋、100の階段、中庭数11と、

議会政治のシンボルにふさわしい壮大なスケール。

併設されているビッグ・ベンはロンドンのランドマークになっています。

所在地はロンドンのミルバンク。

なお近隣のテムズハウスは保安局の本部となっている。

ウエストミンスター大寺院とは

国王の戴冠式やロイヤルウェディングの舞台ともなるウエストミンスター寺院は、

11世紀に修道院として建てられ、幾度も改築を重ねて世界でも有数のゴシック建築の大伽藍になりました。

ローマ・カトリックのウエストミンスター大聖堂(カテドラル)に対し、

こちらは英国国教会の格式ある僧院(アビー)です。

歴代国王や王室関係者、国家に貢献した人物が眠る墓所でもあり、

ここに埋葬されることは英国人にとって大変な名誉とされています。

科学者ニュートン、探検家リビングストン、音楽家ヘンデル、

シェイクスピア、ワーズワーズ、バイロンなどイギリスを代表する人物が勢ぞろい!

聖マーガレット教会とは

ウェストミンスター大寺院と同じ敷地内にある聖マーガレット教会は、

イングランド国教会の教会です。

最初の教会は12世紀にベネディクト会派聖職者によって建てられました。

フランドル製ステンドグラスが有名で、

あのウィンストン・チャーチルもここで挙式しています。

夜間に一帯がライトアップされた光景は、美しいロンドン名物となっています。

アクセス

ウエストミンスター駅から徒歩約2分

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは? 1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。 ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、 立石、 …

マヤ暦のピラミッド?チチェン・イッツァ(メキシコ)

チチェン・イッツァは1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。 ジャングルの中に点在するマヤ文明最大の中心都市の遺跡群。 ユカタン半島のユカタン州州都メリダの東、約120キロメートルに …

元世界最大の銀山!石見銀山遺跡とその文化的景観の壮大な歴史に思いを馳せる(島根)

石見銀山遺跡の概要 石見銀山遺跡は日本海に面する島根県大田市のほぼ中央に位置し、 1526年に九州博多の豪商神屋寿禎(かみやじゅてい)に発見され、 約400年間も採掘されてきた鉱山です。 石見銀の採掘 …

スペインの巡礼路とも姉妹道!紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山・奈良・三重)

紀伊山地の霊場と参詣道の概要 紀伊山地の霊場と参詣道は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる3つの霊場 (吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を 登録対象とする …

紅の豚の舞台…美しい水の都、ヴェネツィアとその潟(イタリア)

ヴェネツィアとその潟の概要 ヴェネツィアとその潟(-かた)は、イタリアのヴェネツィアの世界遺産登録物件(1987年)。 ヴェネツィアは5世紀にアドリア海の干潟(ラグーナ)に築かれ、 118もの小島から …