イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

ウエストミンスター宮殿、ウエストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

ウエストミンスター宮殿とは

ウェストミンスター宮殿は、イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に存在する宮殿。

現在は英国議会が議事堂として使用されている。

ウエストミンスター宮殿は、世界で最も有名と言ってよい国会議事堂です。

全長約265m、1100を超える部屋、100の階段、中庭数11と、

議会政治のシンボルにふさわしい壮大なスケール。

併設されているビッグ・ベンはロンドンのランドマークになっています。

所在地はロンドンのミルバンク。

なお近隣のテムズハウスは保安局の本部となっている。

ウエストミンスター大寺院とは

国王の戴冠式やロイヤルウェディングの舞台ともなるウエストミンスター寺院は、

11世紀に修道院として建てられ、幾度も改築を重ねて世界でも有数のゴシック建築の大伽藍になりました。

ローマ・カトリックのウエストミンスター大聖堂(カテドラル)に対し、

こちらは英国国教会の格式ある僧院(アビー)です。

歴代国王や王室関係者、国家に貢献した人物が眠る墓所でもあり、

ここに埋葬されることは英国人にとって大変な名誉とされています。

科学者ニュートン、探検家リビングストン、音楽家ヘンデル、

シェイクスピア、ワーズワーズ、バイロンなどイギリスを代表する人物が勢ぞろい!

聖マーガレット教会とは

ウェストミンスター大寺院と同じ敷地内にある聖マーガレット教会は、

イングランド国教会の教会です。

最初の教会は12世紀にベネディクト会派聖職者によって建てられました。

フランドル製ステンドグラスが有名で、

あのウィンストン・チャーチルもここで挙式しています。

夜間に一帯がライトアップされた光景は、美しいロンドン名物となっています。

アクセス

ウエストミンスター駅から徒歩約2分

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

その時歴史が動いた!ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(ドイツ)

プロイセン時代の18世紀のこと、フリードリヒ2世は、サンスーシ宮殿の建設を命じました。 それを皮切りに、ポツダムとドイツの首都ベルリンに歴代のプロイセン王によって 当時の最高といわれた芸術家たちが素晴 …

映画で有名?世界一美しいと噂のアマルフィ海岸(イタリア)

アマルフィ海岸の概要 アマルフィ海岸は、イタリア南部のソレント半島南岸、アマルフィ一帯のサレルノ湾に面した海岸。 「世界一美しい海岸」と云われ、1997年にユネスコの世界遺産に登録された。 アマルフィ …

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、キリスト教の聖地であるスペイン、 ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。 ローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大巡礼地に数えられている …

宇宙からも目視できる建造物?万里の長城(中国)

万里の長城の概要 万里の長城は、中華人民共和国に存在する城壁の遺跡。 ユネスコの世界遺産に登録されており、新・世界七不思議にも選ばれている。 2009年4月18日の中華人民共和国国家文物局の発表により …

地球の割れ目?シングヴェトリル国立公園(アイスランド)

シンクヴェトリル(アイスランド語: Þingvellir)は、アイスランドの国立公園地域。 1930年に国立公園に指定され、2004年には世界遺産に登録された。 シングヴェトリル国立公園の見どころは? …