イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁は、

イギリス・ウェールズにある世界遺産。

13世紀に建てられた4つの城(ビューマリス城、カーナーヴォン城

コンウィ城、ハーレックス城)の総称である。

これらの城は、ウェールズ公国を征服したイングランド王エドワード1世によって建てられた。

設計はマスター・ジェイムズ(石工の棟梁)が全て行った。

ビューマリス城

1

アングルシー島港町ピューリマスにあるバランスの良い左右対称の美しさが特徴の

六角形と四角形の二重の城壁。

1295年から建設されたが資金不足のために未完成に終わった。

カーナーヴォン城

1

グウィネズ州カーナーヴォンにあるメナイ海峡に面した、

セイオント川の河口に建つ巨大な城とその城壁。

1283年より建設が始められた。

皇太子の認証式典はこのカーナーボン城でおこなわれるようになった。

ジブリ「天空の城ラピュタ」の天空の城のモデルといわれています。

コンウィ城

1

クルイド州コンウィにある林立する塔が美しい城。

1283年から1289年にかけてわずか4年半という短期間で建設された。

イギリスにある城塞の中でも保存状態がよい。

ハーレックス城

1

グウィネズ州ハーレックスにある、

壮麗な城として知られる街のシンボル的な存在のお城。

1283年から1289年にかけ建てられた。

15世紀にはウェールズ大公の末裔を名乗るオーウェン・グレンダワー軍がこの城に立てこもり、

7年間イングランド軍に包囲されていた。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

マカオ歴史地区(中国)

マカオ歴史地区の概要 マカオ歴史地区とは、中華人民共和国の特別行政区であるマカオにある、 20以上の建築や広場などの古跡を含む地区る。 かつてポルトガルの植民地であったマカオの、東西文化のユニークな同 …

ジブリ映画ラピュタのモデル?アンコール遺跡群(カンボジア)

アンコール遺跡の概要 アンコール遺跡は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置する 現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡。 深い森の中に現れる、途方もな …

世界最大のサンゴ礁!グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

グレート・バリア・リーフの概要 日本が入るほど巨大な珊瑚礁グレートバリアリーフ。 ダイビングや遊覧飛行などアクティビティ満載! グレート・バリア・リーフは、オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ …

植民地時代の華やかさを感じる・プエブラ歴史地区(メキシコ)

正式名称はエロイカ・プエブラ・デ・サラゴサ。 スペイン植民地時代のコロニアルとキリスト文化が色濃く残る歴史都市。 プエブラはメキシコのプエブラ州の基礎自治体の1つで、 その中心地プエブラ・デ・サラゴサ …

魔の三角領域?バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(イギリス)

「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。 この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 一つひとつの建物が認定されるという訳では …