イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁は、

イギリス・ウェールズにある世界遺産。

13世紀に建てられた4つの城(ビューマリス城、カーナーヴォン城

コンウィ城、ハーレックス城)の総称である。

これらの城は、ウェールズ公国を征服したイングランド王エドワード1世によって建てられた。

設計はマスター・ジェイムズ(石工の棟梁)が全て行った。

ビューマリス城

1

アングルシー島港町ピューリマスにあるバランスの良い左右対称の美しさが特徴の

六角形と四角形の二重の城壁。

1295年から建設されたが資金不足のために未完成に終わった。

カーナーヴォン城

1

グウィネズ州カーナーヴォンにあるメナイ海峡に面した、

セイオント川の河口に建つ巨大な城とその城壁。

1283年より建設が始められた。

皇太子の認証式典はこのカーナーボン城でおこなわれるようになった。

ジブリ「天空の城ラピュタ」の天空の城のモデルといわれています。

コンウィ城

1

クルイド州コンウィにある林立する塔が美しい城。

1283年から1289年にかけてわずか4年半という短期間で建設された。

イギリスにある城塞の中でも保存状態がよい。

ハーレックス城

1

グウィネズ州ハーレックスにある、

壮麗な城として知られる街のシンボル的な存在のお城。

1283年から1289年にかけ建てられた。

15世紀にはウェールズ大公の末裔を名乗るオーウェン・グレンダワー軍がこの城に立てこもり、

7年間イングランド軍に包囲されていた。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

海に浮かぶ西洋の驚異!モン-サン-ミシェルとその湾とその湾(フランス)

モン-サン-ミシェルとその湾の概要 モン・サン=ミシェルは、フランス西海岸、サン・マロ湾上1キロほど沖 に突き出た岩山、及びその上にそびえる修道院。 海に浮かぶ岩山で、フランスでもっとも有名なカトリッ …

当時世界最大の製糸産業、富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬)

富岡製糸場と絹産業遺産群の 富岡製糸場と絹産業遺産群は、群馬県富岡市の富岡製糸場、および伊勢崎市、藤岡市、 下仁田町の2市1町に点在する養蚕関連の文化財によって構成される世界遺産。 日本の近代化への寄 …

ピサの斜塔で有名…ピサのドゥオモ広場(イタリア)

ピサのドゥオモ広場の概要 1987年にイタリアの世界遺産に登録されたピサ市フィレンツェの西77㎞にある広場。 ピサの斜塔として知られる鐘楼、大聖堂(ドゥオモ)、洗礼堂、墓所(カンポサント) の四大建築 …

日本の世界遺産候補!神宿る島・沖ノ島と関連遺産群とはどんなところ?(福岡)

神宿る島・沖ノ島の概要 沖ノ島(おきのしま)は、九州本土から約60km沖合に位置する、玄界灘に浮かぶ周囲4kmほどの孤島。 女人禁制など数々のタブーが残る九州の秘島「沖ノ島」が、 世界文化遺産候補とし …

世界遺産の温泉リゾート地!バース市街(イギリス)

まるでテルマエ・ロマエ! バース市街は、イギリス南部にあるお風呂発祥の地として知られる。 イギリスの中で、ロンドンに次いで観光客数の多い都市です。 バース市街全体が18世紀から19世紀にかけてのジョー …