イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁は、

イギリス・ウェールズにある世界遺産。

13世紀に建てられた4つの城(ビューマリス城、カーナーヴォン城

コンウィ城、ハーレックス城)の総称である。

これらの城は、ウェールズ公国を征服したイングランド王エドワード1世によって建てられた。

設計はマスター・ジェイムズ(石工の棟梁)が全て行った。

ビューマリス城

1

アングルシー島港町ピューリマスにあるバランスの良い左右対称の美しさが特徴の

六角形と四角形の二重の城壁。

1295年から建設されたが資金不足のために未完成に終わった。

カーナーヴォン城

1

グウィネズ州カーナーヴォンにあるメナイ海峡に面した、

セイオント川の河口に建つ巨大な城とその城壁。

1283年より建設が始められた。

皇太子の認証式典はこのカーナーボン城でおこなわれるようになった。

ジブリ「天空の城ラピュタ」の天空の城のモデルといわれています。

コンウィ城

1

クルイド州コンウィにある林立する塔が美しい城。

1283年から1289年にかけてわずか4年半という短期間で建設された。

イギリスにある城塞の中でも保存状態がよい。

ハーレックス城

1

グウィネズ州ハーレックスにある、

壮麗な城として知られる街のシンボル的な存在のお城。

1283年から1289年にかけ建てられた。

15世紀にはウェールズ大公の末裔を名乗るオーウェン・グレンダワー軍がこの城に立てこもり、

7年間イングランド軍に包囲されていた。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

マヤ暦のピラミッド?チチェン・イッツァ(メキシコ)

チチェン・イッツァは1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。 ジャングルの中に点在するマヤ文明最大の中心都市の遺跡群。 ユカタン半島のユカタン州州都メリダの東、約120キロメートルに …

謎が謎を呼ぶ高度な古代文明!モヘンジョダロの考古遺跡(パキスタン)

モヘンジョダロの概要 モヘンジョ=ダロは、インダス文明最大級の都市遺跡。 紀元前2500年から紀元前1800年にかけ繁栄し、最大で4万人近くが居住していたと推測される。 しかしその後短期間で衰退した。 …

血塗られた歴史?ロンドン塔(イギリス)

ロンドン塔の概要 ロンドン塔は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川の岸辺、 イースト・エンドに築かれた中世の城塞。 正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」と呼ばれるように、現在も儀礼的な武器などの …

元世界最大の銀山!石見銀山遺跡とその文化的景観の壮大な歴史に思いを馳せる(島根)

石見銀山遺跡の概要 石見銀山遺跡は日本海に面する島根県大田市のほぼ中央に位置し、 1526年に九州博多の豪商神屋寿禎(かみやじゅてい)に発見され、 約400年間も採掘されてきた鉱山です。 石見銀の採掘 …

徳川幕府の聖地!東照宮など日光の社寺(栃木)

日光の社寺の概要 日光の社寺(にっこうのしゃじ)は、栃木県日光市にある2社1寺に属する 103棟の建築物群と周辺の景観遺跡から構成される世界遺産。 日光東照宮(とうしょうぐう)、日光二荒山神社(ふたら …