アイスランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

地球の割れ目?シングヴェトリル国立公園(アイスランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

シンクヴェトリル(アイスランド語: Þingvellir)は、アイスランドの国立公園地域。

1930年に国立公園に指定され、2004年には世界遺産に登録された。

シングヴェトリル国立公園の見どころは?

間欠泉のゲイシール、豪快な滝のグトルフォスとともに『ゴールデンサークル』と呼ばれる、

人気の観光地めぐりのルートに入っている。

地球の割れ目『ギャウ』を見ることができる。

アイスランドは海嶺が地表に乗り上げている世界でもめずらしい場所。

アイスランドのギャウは、ユーラシアプレートと北アメリカプレートに

引っ張られることでできた割れ目で、アイスランドのほぼ中央を南北に貫いている。

シンクヴェトリル内のシンクヴァトラ湖(Þingvallavatn)には

「シルフラ(Silfra)」というダイビングスポットがあり、水の透明度の高さで有名。

1

シンクヴェトリル国立公園の楽しみは「ギャウ」を登り、歩く

「ギャウ」とは、地球の割れ目のこと。

本来、海底深く数キロメートルの地点にある海底山脈の海嶺(かいれい)。

これが、シンクヴェトリルでは、地表に現れている。

自分自身が転がり落ちないようにと、

下の人に向けて落石を起こさせないためにも、足元の石や岩場を崩さないようにしよう。

シングヴェトリル国立公園は水辺の景色も美しい

記念すべき議会開催のポイントから下ると、あとは平坦な道を歩き

駐車場のあるギャウまでたどりつく。

川辺の景色は古い日本の風景を見ているようで、とても心が安らぐ。

駐車場近くにあるギャウは高さはそれほどではないが、

きれいな水をたたえていて美しい表情を見せてくれる。

2

オクスアルアゥルフォスの滝は圧巻

オクスアルアゥルフォス川には深い淵があり、古くは溺死刑に使われた刑場だったという。

景観が美しいだけに、ゾッとするものもある。

また、溺死刑は主に女性対象であり、麻袋に入れられて

淵に投げ落とされた後は滝へと流されていったという。

では男性はというと、やはり滝の上で斬首刑。

そしてやはり、滝へと落とされたとか。こわい!

3

シンクヴェトリル国立公園のアクセス・行き方

レンタカー、もしくはレイキャビク発着のシンクヴェトリル国立公園を含む

ゴールデンサークルへの日帰りツアーに参加する。

夏季には路線バスも運行している。

シンクヴェトリル国立公園のまとめ

地震が多い日本にいると、プレートは身近な存在ですが、

直接こうした地球の動きが感じられる場所はそうありません。

アイスランドを初めて訪れるなら、外せない観光地でしょう。

-アイスランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

世界最古の木造建築!法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)

法隆寺地域の仏教建造物の概要 法隆寺地域の仏教建造物は、奈良県生駒郡斑鳩町にある法隆寺および法起寺(ほっきじ)の建造物から構成される世界遺産。 この遺産には法隆寺の建造物47棟と法起寺の三重塔を加えた …

世界遺産の温泉リゾート地!バース市街(イギリス)

まるでテルマエ・ロマエ! バース市街は、イギリス南部にあるお風呂発祥の地として知られる。 イギリスの中で、ロンドンに次いで観光客数の多い都市です。 バース市街全体が18世紀から19世紀にかけてのジョー …

危機遺産の理由は?海商都市リヴァプール(イギリス)

海商都市リヴァプールは、イングランドの港町リヴァプールの街区を対象とする世界遺産。 今ではビートルズの出身地として知られますが、 ピア・ヘッド 、アルバート・ドック、ウィリアム・ブラウン・ストリートを …

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …

世界最大のサンゴ礁!グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

グレート・バリア・リーフの概要 日本が入るほど巨大な珊瑚礁グレートバリアリーフ。 ダイビングや遊覧飛行などアクティビティ満載! グレート・バリア・リーフは、オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ …