アイルランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

スターウォーズロケ地!スケリッグ・マイケル(アイルランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

スケリッグ・マイケルとは?

シケリグ・ヴィヒールともいう。

急峻な岩山からなる孤島。無人島に残る石積の修道院跡。

西暦588年に島の山頂付近にケルト人により修道院が建てられたという説があるが、確かな記録はない。

1996年にユネスコの世界遺産に登録されている。

スケリッグ・マイケルは修道院がみどころ

島の位置とその急峻さにより、823年のヴァイキング襲来にも耐えて

現在も修道院はその原型をとどめている。

アイルランドにおける初期キリスト教の僧侶たちは垂直に切り立った崖の下に

石を積み上げてつくった小屋で暮らしていた。

その後100年ほどして施設は放棄され島には人が住まなくなった。

西暦1500年頃になると毎年海が穏やかになる時期を見はからって巡礼が訪れるようになる。

1826年には灯台が建設され、1986年には一部の建築物の修復が行われた。

しかし、近年観光客の増加により遺跡が損傷していることから、

島への渡航が制限されるようになっている。

紀元6世紀頃聖フィナンが修道院を開いたと言いわれているドーム状の遺跡があり「蜂の巣」と呼ばれている。

この世界遺産はアイルランドで『ミカエルの石』として知られている。

スケリッグ・マイケルは海鳥の楽園

島には、マンクスミズナギドリ、ウミツバメ、ウミガラス、オオハシウミガラス、

ミツユビカモメ、フルマカモメ、カツオドリ、ニシツノメドリなどの海鳥が生息し、

自然保護区に指定されている。

スケリッグ・マイケルはスター・ウォーズの舞台!

2015年公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、

2017年公開予定の映画『スター・ウォーズ エピソード8』の撮影で利用された。

スケリッグ・マイケルは人数制限がある

景観保存のため、ライセンス所有者のボート(プライベートボート)

じゃないと上陸できない、人数制限のある世界遺産。

スケリッグ・エクスペリエンス・センターで行われるツアーは、

ただボートで島を観覧するツアー。

スケリッグ・マイケルは夏限定

この島に上陸する船は夏だけ(4月〜10月ころ)しか運行していないので

時期を間違えると行く事が出来ない。

-アイルランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …

自然と化石の宝庫!カナディアン・ロッキー山脈自然公園群(カナダ)

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の概要 カナディアン・ロッキー山脈自然公園群とは、カナダの西部に存在する世界遺産。 3,000m級の美しい山々に、氷河や峡谷、湖沼、鍾乳洞、針葉樹林など、手つかずの …

徳川幕府の聖地!東照宮など日光の社寺(栃木)

日光の社寺の概要 日光の社寺(にっこうのしゃじ)は、栃木県日光市にある2社1寺に属する 103棟の建築物群と周辺の景観遺跡から構成される世界遺産。 日光東照宮(とうしょうぐう)、日光二荒山神社(ふたら …

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、キリスト教の聖地であるスペイン、 ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。 ローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大巡礼地に数えられている …

ジブリ映画ラピュタのモデル?アンコール遺跡群(カンボジア)

アンコール遺跡の概要 アンコール遺跡は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置する 現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡。 深い森の中に現れる、途方もな …