アイルランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

スターウォーズロケ地!スケリッグ・マイケル(アイルランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

スケリッグ・マイケルとは?

シケリグ・ヴィヒールともいう。

急峻な岩山からなる孤島。無人島に残る石積の修道院跡。

西暦588年に島の山頂付近にケルト人により修道院が建てられたという説があるが、確かな記録はない。

1996年にユネスコの世界遺産に登録されている。

スケリッグ・マイケルは修道院がみどころ

島の位置とその急峻さにより、823年のヴァイキング襲来にも耐えて

現在も修道院はその原型をとどめている。

アイルランドにおける初期キリスト教の僧侶たちは垂直に切り立った崖の下に

石を積み上げてつくった小屋で暮らしていた。

その後100年ほどして施設は放棄され島には人が住まなくなった。

西暦1500年頃になると毎年海が穏やかになる時期を見はからって巡礼が訪れるようになる。

1826年には灯台が建設され、1986年には一部の建築物の修復が行われた。

しかし、近年観光客の増加により遺跡が損傷していることから、

島への渡航が制限されるようになっている。

紀元6世紀頃聖フィナンが修道院を開いたと言いわれているドーム状の遺跡があり「蜂の巣」と呼ばれている。

この世界遺産はアイルランドで『ミカエルの石』として知られている。

スケリッグ・マイケルは海鳥の楽園

島には、マンクスミズナギドリ、ウミツバメ、ウミガラス、オオハシウミガラス、

ミツユビカモメ、フルマカモメ、カツオドリ、ニシツノメドリなどの海鳥が生息し、

自然保護区に指定されている。

スケリッグ・マイケルはスター・ウォーズの舞台!

2015年公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、

2017年公開予定の映画『スター・ウォーズ エピソード8』の撮影で利用された。

スケリッグ・マイケルは人数制限がある

景観保存のため、ライセンス所有者のボート(プライベートボート)

じゃないと上陸できない、人数制限のある世界遺産。

スケリッグ・エクスペリエンス・センターで行われるツアーは、

ただボートで島を観覧するツアー。

スケリッグ・マイケルは夏限定

この島に上陸する船は夏だけ(4月〜10月ころ)しか運行していないので

時期を間違えると行く事が出来ない。

-アイルランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

スイスの名山、スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュ-ビーチホルン(アレッチ氷河)

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュの概要 「若き乙女」を意味するユングフラウをはじめ、アレッチュホルン、ビーチホルンなど 9峰がそびえるこの一帯は、スイス初の世界遺産登録地域。 4000万~2 …

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザから ダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザから ダハシュールまでのピラミッド地帯の概要 メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯は、 エジプトにある世界遺産です。1979年に文化遺産と …

清水寺や平等院に金閣銀閣…日本が世界に誇る、古都京都の文化財(京都・滋賀)

古都京都の文化財の概要 古都京都は延暦13年(794年)、中国の都城を規範に、日本の首都・平安京としてとして建設され、 平安時代から江戸時代まで1000年の長きにわたり繁栄してきた。 世界遺産に登録さ …

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは? 1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。 ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、 立石、 …

シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷&シャンボール城(フランス)

ロワール渓谷は、フランスのロワール川流域に広がる渓谷。 アンボワーズ、アンジェ、ブロワ、オルレアン、トゥールといった歴史上の重要都市が点在し、 また何よりも数々の名城が現存していることから「フランスの …