アイスランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、

1963~1967年の火山活動により形成された新島です。

スルツェイ島は誕生直後から波による浸食にさらされているが、

火山活動による面積拡大が浸食を上回り、島の消失は避けられた。

現在進行形の重要な生態学的、生物学的プロセスを示す見本であることが評価され世界遺産に登録された。

人の立ち入りを制限し、誕生以来生態系の変化の過程が研究されています。

1

スルツエイは絶好の環境標本!

1967年に火山活動がやんだ後、島の生物はだんだんと増え、はじめは海流にのってたどりついた、

植物の種やバクテリア、海藻(かいそう)類などがいるのみでしたが、

2004年には、75種のコケ類、24種のカビやキノコ、

89種の鳥類などが確認されるまでになりました。

2

スルツェイ式噴火という言葉も生まれた

マグマたまりの中の水蒸気圧力が上昇することによって爆発し、

高温のマグマが海水に触れることによって、大量の水蒸気を発生させ大爆発を起こすところから、

マグマ水蒸気爆発と呼ばれる。

スルツェイ島噴火が典型例であったところから「スルツェイ式噴火」と呼ばれるようになった。

ちなみに、スルツエイとはアイスランド語で「スルトの島」という意味で、

スルトは神話にでてくる巨人の名前、手に炎の剣をもち、すべてのものを焼きつくす巨人です。

-アイスランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

チャーチルの生家・ブレナム宮殿(イギリス)

ブレナム宮殿とは ブレナム宮殿は、イギリスロンドンから約90km離れた オックスフォード近郊のウッドストックにある宮殿。 1987年に世界遺産に登録された。 ブレナム宮殿はとにかく広い 本館と柱廊でつ …

重要文化財の宝庫!姫路城(兵庫県)

姫路城は、兵庫県姫路市にある日本の城。 江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、 国宝や重要文化財に指定され、日本100名城などに選定されている。 建築技術の粋を極めた傑作として、19 …

大きくて荘厳なインド代表格、タージ・マハル(インド)

タージ・マハルは、インド北部アーグラにある。 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃のため建設した 総大理石の墓廟として1632年から22年の歳月をかけて造営されました。 …

血塗られた歴史?ロンドン塔(イギリス)

ロンドン塔の概要 ロンドン塔は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川の岸辺、 イースト・エンドに築かれた中世の城塞。 正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」と呼ばれるように、現在も儀礼的な武器などの …

ベルバラで有名な豪華建造物!ヴェルサイユ宮殿と庭園(フランス)

ヴェルサイユ宮殿は、1682年にフランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿である。 パリの南西22キロ、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。 主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、 庭 …