アイスランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、

1963~1967年の火山活動により形成された新島です。

スルツェイ島は誕生直後から波による浸食にさらされているが、

火山活動による面積拡大が浸食を上回り、島の消失は避けられた。

現在進行形の重要な生態学的、生物学的プロセスを示す見本であることが評価され世界遺産に登録された。

人の立ち入りを制限し、誕生以来生態系の変化の過程が研究されています。

1

スルツエイは絶好の環境標本!

1967年に火山活動がやんだ後、島の生物はだんだんと増え、はじめは海流にのってたどりついた、

植物の種やバクテリア、海藻(かいそう)類などがいるのみでしたが、

2004年には、75種のコケ類、24種のカビやキノコ、

89種の鳥類などが確認されるまでになりました。

2

スルツェイ式噴火という言葉も生まれた

マグマたまりの中の水蒸気圧力が上昇することによって爆発し、

高温のマグマが海水に触れることによって、大量の水蒸気を発生させ大爆発を起こすところから、

マグマ水蒸気爆発と呼ばれる。

スルツェイ島噴火が典型例であったところから「スルツェイ式噴火」と呼ばれるようになった。

ちなみに、スルツエイとはアイスランド語で「スルトの島」という意味で、

スルトは神話にでてくる巨人の名前、手に炎の剣をもち、すべてのものを焼きつくす巨人です。

-アイスランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

魔の三角領域?バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(イギリス)

「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。 この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 一つひとつの建物が認定されるという訳では …

マカオ歴史地区(中国)

マカオ歴史地区の概要 マカオ歴史地区とは、中華人民共和国の特別行政区であるマカオにある、 20以上の建築や広場などの古跡を含む地区る。 かつてポルトガルの植民地であったマカオの、東西文化のユニークな同 …

地球の箱庭、ヒスイの大地、テ・ワヒポウナム(南西ニュージーランド)

テ・ワヒポウナムの概要 テ・ワヒポウナムの大部分はフィヨルドランド国立公園となっていて、 大小14のフィヨルドを見ることができます。 テ・ワヒポウナムは、マオリ語で「グリーンストーン(翡翠)の産地」を …

もののけ姫の舞台!屋久島(鹿児島県)

屋久島の概要 屋久島は樹齢7200年と言われる縄文杉が有名で、世界自然遺産に指定されている自然豊かな島。 ほかにも白谷雲水峡やダイナミックな大滝など、ここにしかない観光スポットも沢山あります。 森林が …

実はフランスと関わりが深い、宮島 嚴島神社(広島)

宮島 嚴島神社の概要 松島・天橋立とならび、日本三景のひとつとして知られる景勝地である。 嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、 平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社 …