アイスランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、

1963~1967年の火山活動により形成された新島です。

スルツェイ島は誕生直後から波による浸食にさらされているが、

火山活動による面積拡大が浸食を上回り、島の消失は避けられた。

現在進行形の重要な生態学的、生物学的プロセスを示す見本であることが評価され世界遺産に登録された。

人の立ち入りを制限し、誕生以来生態系の変化の過程が研究されています。

1

スルツエイは絶好の環境標本!

1967年に火山活動がやんだ後、島の生物はだんだんと増え、はじめは海流にのってたどりついた、

植物の種やバクテリア、海藻(かいそう)類などがいるのみでしたが、

2004年には、75種のコケ類、24種のカビやキノコ、

89種の鳥類などが確認されるまでになりました。

2

スルツェイ式噴火という言葉も生まれた

マグマたまりの中の水蒸気圧力が上昇することによって爆発し、

高温のマグマが海水に触れることによって、大量の水蒸気を発生させ大爆発を起こすところから、

マグマ水蒸気爆発と呼ばれる。

スルツェイ島噴火が典型例であったところから「スルツェイ式噴火」と呼ばれるようになった。

ちなみに、スルツエイとはアイスランド語で「スルトの島」という意味で、

スルトは神話にでてくる巨人の名前、手に炎の剣をもち、すべてのものを焼きつくす巨人です。

-アイスランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

宮廷女官チャングムの誓いの舞台、昌徳宮- チャンドックン(韓国)

昌徳宮チャンドックンの概要 昌徳宮(しょうとくきゅう、チャンドックン)は韓国ソウル特別市に所在する李氏朝鮮の宮殿。 1997年に、古宮で唯一世界遺産に登録された自然と建築物の調和が美しい宮殿です。 景 …

地球の箱庭、ヒスイの大地、テ・ワヒポウナム(南西ニュージーランド)

テ・ワヒポウナムの概要 テ・ワヒポウナムの大部分はフィヨルドランド国立公園となっていて、 大小14のフィヨルドを見ることができます。 テ・ワヒポウナムは、マオリ語で「グリーンストーン(翡翠)の産地」を …

スペインの巡礼路とも姉妹道!紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山・奈良・三重)

紀伊山地の霊場と参詣道の概要 紀伊山地の霊場と参詣道は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる3つの霊場 (吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を 登録対象とする …

白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜・富山)

白川郷・五箇山の合掌造り集落の概要 白川郷・五箇山の合掌造り集落(しらかわごう・ごかやまのがっしょうづくりしゅうらく)は、 岐阜県と富山県にまたがり、合掌造り家屋が険しい山間部の豪雪に耐え 養蚕(よう …

謎スポット!ストーンヘンジ、エーヴベリー遺跡群(イギリス)

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群とは ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群とは イングランドのウィルトシャーにあるユネスコの世界遺産。 世界遺産登録対象となっているのは、特定の記念 …