アイスランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、

1963~1967年の火山活動により形成された新島です。

スルツェイ島は誕生直後から波による浸食にさらされているが、

火山活動による面積拡大が浸食を上回り、島の消失は避けられた。

現在進行形の重要な生態学的、生物学的プロセスを示す見本であることが評価され世界遺産に登録された。

人の立ち入りを制限し、誕生以来生態系の変化の過程が研究されています。

1

スルツエイは絶好の環境標本!

1967年に火山活動がやんだ後、島の生物はだんだんと増え、はじめは海流にのってたどりついた、

植物の種やバクテリア、海藻(かいそう)類などがいるのみでしたが、

2004年には、75種のコケ類、24種のカビやキノコ、

89種の鳥類などが確認されるまでになりました。

2

スルツェイ式噴火という言葉も生まれた

マグマたまりの中の水蒸気圧力が上昇することによって爆発し、

高温のマグマが海水に触れることによって、大量の水蒸気を発生させ大爆発を起こすところから、

マグマ水蒸気爆発と呼ばれる。

スルツェイ島噴火が典型例であったところから「スルツェイ式噴火」と呼ばれるようになった。

ちなみに、スルツエイとはアイスランド語で「スルトの島」という意味で、

スルトは神話にでてくる巨人の名前、手に炎の剣をもち、すべてのものを焼きつくす巨人です。

-アイスランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸(イギリス)

ジャイアンツ・コーズウェーとは ジャイアンツ・コーズウェーは、イギリス・北アイルランドにある、 火山活動で生まれた4万もの玄武岩の柱状奇岩が連なる地域で、 海岸線上に伸びるその異様な景観は約8kmも続 …

ピサの斜塔で有名…ピサのドゥオモ広場(イタリア)

ピサのドゥオモ広場の概要 1987年にイタリアの世界遺産に登録されたピサ市フィレンツェの西77㎞にある広場。 ピサの斜塔として知られる鐘楼、大聖堂(ドゥオモ)、洗礼堂、墓所(カンポサント) の四大建築 …

世界最大のサンゴ礁!グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

グレート・バリア・リーフの概要 日本が入るほど巨大な珊瑚礁グレートバリアリーフ。 ダイビングや遊覧飛行などアクティビティ満載! グレート・バリア・リーフは、オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ …

ベルバラで有名な豪華建造物!ヴェルサイユ宮殿と庭園(フランス)

ヴェルサイユ宮殿は、1682年にフランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿である。 パリの南西22キロ、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。 主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、 庭 …

実はフランスと関わりが深い、宮島 嚴島神社(広島)

宮島 嚴島神社の概要 松島・天橋立とならび、日本三景のひとつとして知られる景勝地である。 嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、 平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社 …