アイスランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、

1963~1967年の火山活動により形成された新島です。

スルツェイ島は誕生直後から波による浸食にさらされているが、

火山活動による面積拡大が浸食を上回り、島の消失は避けられた。

現在進行形の重要な生態学的、生物学的プロセスを示す見本であることが評価され世界遺産に登録された。

人の立ち入りを制限し、誕生以来生態系の変化の過程が研究されています。

1

スルツエイは絶好の環境標本!

1967年に火山活動がやんだ後、島の生物はだんだんと増え、はじめは海流にのってたどりついた、

植物の種やバクテリア、海藻(かいそう)類などがいるのみでしたが、

2004年には、75種のコケ類、24種のカビやキノコ、

89種の鳥類などが確認されるまでになりました。

2

スルツェイ式噴火という言葉も生まれた

マグマたまりの中の水蒸気圧力が上昇することによって爆発し、

高温のマグマが海水に触れることによって、大量の水蒸気を発生させ大爆発を起こすところから、

マグマ水蒸気爆発と呼ばれる。

スルツェイ島噴火が典型例であったところから「スルツェイ式噴火」と呼ばれるようになった。

ちなみに、スルツエイとはアイスランド語で「スルトの島」という意味で、

スルトは神話にでてくる巨人の名前、手に炎の剣をもち、すべてのものを焼きつくす巨人です。

-アイスランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

元世界最大の銀山!石見銀山遺跡とその文化的景観の壮大な歴史に思いを馳せる(島根)

石見銀山遺跡の概要 石見銀山遺跡は日本海に面する島根県大田市のほぼ中央に位置し、 1526年に九州博多の豪商神屋寿禎(かみやじゅてい)に発見され、 約400年間も採掘されてきた鉱山です。 石見銀の採掘 …

マヤ暦のピラミッド?チチェン・イッツァ(メキシコ)

チチェン・イッツァは1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。 ジャングルの中に点在するマヤ文明最大の中心都市の遺跡群。 ユカタン半島のユカタン州州都メリダの東、約120キロメートルに …

ハリーポッターのロケ地!ダラム城と大聖堂(イギリス)

ダラム城とは ダラム城は、イギリス・ダラムにあるノルマン様式建築の城。 1840年より全体がダラム大学学生寮となっている。 城はダラム大聖堂と共にウェア川を見下ろす丘の上に立つ。 城は11世紀にイング …

白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜・富山)

白川郷・五箇山の合掌造り集落の概要 白川郷・五箇山の合掌造り集落(しらかわごう・ごかやまのがっしょうづくりしゅうらく)は、 岐阜県と富山県にまたがり、合掌造り家屋が険しい山間部の豪雪に耐え 養蚕(よう …

スターウォーズロケ地!スケリッグ・マイケル(アイルランド)

スケリッグ・マイケルとは? シケリグ・ヴィヒールともいう。 急峻な岩山からなる孤島。無人島に残る石積の修道院跡。 西暦588年に島の山頂付近にケルト人により修道院が建てられたという説があるが、確かな記 …