アイルランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは?

1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。

ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、

立石、その他先史的遺跡群の複合体で、国際的にも重要なものである。

時代が下ると、鉄器時代には墓地として使われ、中世にはノルマン人が入植した。

また、1690年にはボイン川の戦いの舞台にもなった。

ブルー・ナ・ボーニャで有名な3つ

いくつもの史跡があるブルー・ナ・ボーニャですが有名な遺跡は3つあります。

アイルランド島で最も有名な先史時代の遺跡であると同時に、

世界的にも有名な先史時代の遺跡の1つである『ニューグレイジ』、

ブルー・ナ・ボーニャで最大の羨道墳。

1つの大きな塚と、周辺の17個の小さな墳墓で構成されている『ノウス』、

そして、1847年に発掘調査が行われたもののはるか以前にヴァイキングなどの海賊により

とっくに略奪されてしまったとされる『ドウス』です。

ブルー・ナ・ボーニャのニューグレンジとは

ニューグレンジというのは、ボイン川流域に残る約5500年前の墳墓群の一つです。

聖地を結ぶラインであるレイライン上にあり、周辺にはトリム城やケルトの聖地タラの丘などの

歴史スポットが点在しています。

浅いお椀を伏せたような形で、一年に一度、冬至の朝には太陽の光が

墓室奥にも届くよう造られたこの墳墓は見学も可能ですが、ガイド同伴が必須となっています。

ブルー・ナ・ボーニャのノウスとは

ノウスはブルー・ナ・ボーニャ最大の羨道墳である。

1つの大きな塚とその周囲の17個の小さな墳墓から構成される。

大きな塚は約1ヘクタールほどの面積で、2つの羨道が東西の線に沿って存在する。

ニューグレンジで見つかったものと似ていなくもない。

ノウスから見つかった巨石美術の数は、

西ヨーロッパ全体で見つかっている総数の3分の1以上にもなる。

ブルー・ナ・ボーニャのドウスとは

ドウスはブルー・ナ・ボーニャの中核をなす3つの墳墓の中でも最も古い。

周辺の遺跡に比べると規模が小さく、装飾も貧弱であることから、観光客もあまり訪れない。

ずっと以前にヴァイキングなどが略奪していた。

縁石に囲まれており、その一部には彫刻も施されている。

3つの石を線状に並べた羨道が西から塚の内部に通じている。

-アイルランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …

血塗られた歴史?ロンドン塔(イギリス)

ロンドン塔の概要 ロンドン塔は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川の岸辺、 イースト・エンドに築かれた中世の城塞。 正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」と呼ばれるように、現在も儀礼的な武器などの …

当時世界最大の製糸産業、富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬)

富岡製糸場と絹産業遺産群の 富岡製糸場と絹産業遺産群は、群馬県富岡市の富岡製糸場、および伊勢崎市、藤岡市、 下仁田町の2市1町に点在する養蚕関連の文化財によって構成される世界遺産。 日本の近代化への寄 …

イスラーム建築の華!グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ、アルバイシン(スペイン)

スペイン南部、グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシンはスペインにある 世界遺産に登録されたグラナダの世界遺産としての名称である。 アルハンブラ宮殿、王族の避暑地として造られたヘネラリーフ …

マカオ歴史地区(中国)

マカオ歴史地区の概要 マカオ歴史地区とは、中華人民共和国の特別行政区であるマカオにある、 20以上の建築や広場などの古跡を含む地区る。 かつてポルトガルの植民地であったマカオの、東西文化のユニークな同 …