アイルランド ヨーロッパ 世界遺産の紹介

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは?

1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。

ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、

立石、その他先史的遺跡群の複合体で、国際的にも重要なものである。

時代が下ると、鉄器時代には墓地として使われ、中世にはノルマン人が入植した。

また、1690年にはボイン川の戦いの舞台にもなった。

ブルー・ナ・ボーニャで有名な3つ

いくつもの史跡があるブルー・ナ・ボーニャですが有名な遺跡は3つあります。

アイルランド島で最も有名な先史時代の遺跡であると同時に、

世界的にも有名な先史時代の遺跡の1つである『ニューグレイジ』、

ブルー・ナ・ボーニャで最大の羨道墳。

1つの大きな塚と、周辺の17個の小さな墳墓で構成されている『ノウス』、

そして、1847年に発掘調査が行われたもののはるか以前にヴァイキングなどの海賊により

とっくに略奪されてしまったとされる『ドウス』です。

ブルー・ナ・ボーニャのニューグレンジとは

ニューグレンジというのは、ボイン川流域に残る約5500年前の墳墓群の一つです。

聖地を結ぶラインであるレイライン上にあり、周辺にはトリム城やケルトの聖地タラの丘などの

歴史スポットが点在しています。

浅いお椀を伏せたような形で、一年に一度、冬至の朝には太陽の光が

墓室奥にも届くよう造られたこの墳墓は見学も可能ですが、ガイド同伴が必須となっています。

ブルー・ナ・ボーニャのノウスとは

ノウスはブルー・ナ・ボーニャ最大の羨道墳である。

1つの大きな塚とその周囲の17個の小さな墳墓から構成される。

大きな塚は約1ヘクタールほどの面積で、2つの羨道が東西の線に沿って存在する。

ニューグレンジで見つかったものと似ていなくもない。

ノウスから見つかった巨石美術の数は、

西ヨーロッパ全体で見つかっている総数の3分の1以上にもなる。

ブルー・ナ・ボーニャのドウスとは

ドウスはブルー・ナ・ボーニャの中核をなす3つの墳墓の中でも最も古い。

周辺の遺跡に比べると規模が小さく、装飾も貧弱であることから、観光客もあまり訪れない。

ずっと以前にヴァイキングなどが略奪していた。

縁石に囲まれており、その一部には彫刻も施されている。

3つの石を線状に並べた羨道が西から塚の内部に通じている。

-アイルランド, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

地球の割れ目?シングヴェトリル国立公園(アイスランド)

シンクヴェトリル(アイスランド語: Þingvellir)は、アイスランドの国立公園地域。 1930年に国立公園に指定され、2004年には世界遺産に登録された。 シングヴェトリル国立公園の見どころは? …

謎スポット!ストーンヘンジ、エーヴベリー遺跡群(イギリス)

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群とは ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群とは イングランドのウィルトシャーにあるユネスコの世界遺産。 世界遺産登録対象となっているのは、特定の記念 …

神々の古代都市、テオティワカン(メキシコ)

古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている 紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。 ここには、メソアメリカ先住民が建造した …

白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜・富山)

白川郷・五箇山の合掌造り集落の概要 白川郷・五箇山の合掌造り集落(しらかわごう・ごかやまのがっしょうづくりしゅうらく)は、 岐阜県と富山県にまたがり、合掌造り家屋が険しい山間部の豪雪に耐え 養蚕(よう …

自然の絶景、セント・キルダ(イギリス)

セント・キルダは、イギリス領の孤立した群島。 スコットランド、アウター・ヘブリディーズの最西端の島々。 最大の島はヒルタ島で、イギリスで最も高い、海岸に面した断崖絶壁がある。 これらの島は家畜の放牧や …