イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

チャーチルの生家・ブレナム宮殿(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

ブレナム宮殿とは

ブレナム宮殿は、イギリスロンドンから約90km離れた

オックスフォード近郊のウッドストックにある宮殿。

1987年に世界遺産に登録された。

ブレナム宮殿はとにかく広い

本館と柱廊でつながった2つの翼棟からなるイギリス・バロック様式の屋敷は部屋数200以上をもち、

庭園の総面積は4600ヘクタールに及ぶ。

建築家ジョン・ヴァンブラの設計により17年の年月をかけ、1722年に完成した。

ブレナム宮殿の由来

18世紀の始めスペインの王位継承者を争った戦争で、

ジョン・チャーチルという貴族がドイツのブレナムという場所でフランス軍を破った戦功として、

当時のイギリスのアン女王から贈られたものです。

ガーデン好きにはたまらない場所となっています。

英国首相であったチャーチルの生家としても有名。

ブレナム宮殿の施設

中にはショップやカフェもある。

絵画やマイセンなどの陶磁器、豪華な調度品が飾られ、

フランスから取り寄せた高級家具もたくさん設置され魅力的です。

寝室や食堂、図書館など一部がツアーで公開されていますが撮影は禁止となっています。

壁も大理石や漆喰で造られフレスコ画やタペストリーで装飾されとても華やかです。

ブレナム宮殿は庭園がみどころ

宮殿完成時にはロマン主義的なイギリス式庭園だった。

18世紀中頃、人工湖や運河を配置した風景式庭園に。

その後、1925年から1932年のあいだにル・ノートル様式のフランス庭園になった。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

世界最大のサンゴ礁!グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

グレート・バリア・リーフの概要 日本が入るほど巨大な珊瑚礁グレートバリアリーフ。 ダイビングや遊覧飛行などアクティビティ満載! グレート・バリア・リーフは、オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ …

北のベニス、サンクトペテルブルク(ロシア)

サンクトペテルブルクの概要 サンクトペテルブルクは、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するロシア西部の都市で、 1914年までロシア帝国の首都であった。 第一次世界大戦開戦以降はペトログラード、ソ …

ヨーロッパ一美しいフレスコ画!ヴュルツブルクレジデンツ(司教館)、その庭園群と広場(ドイツ)

ロマンチック街道の起点となるヴュルツブルクは、ぶどう畑が連なるマイン川沿いの古都。 ヴュルツブルクのレジデンツは、ドイツのヴュルツブルクにある大司教の宮殿。 領主司教ヨハン・フィリップ・フランツ・フォ …

神々の古代都市、テオティワカン(メキシコ)

古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている 紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。 ここには、メソアメリカ先住民が建造した …

西遊記の聖地?ブッダガヤ(インド)

ブッダガヤは、インドのビハール州、ガンジス川の支流の ネーランジャヤー河のほとりにあるガヤー県の都市。 釈迦(如来)の成道(悟り)の地として有名な八大聖地の1つで、 仏教では最高のお釈迦様が悟りを開い …