ヨーロッパ ロシア 世界遺産の紹介

北のベニス、サンクトペテルブルク(ロシア)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

サンクトペテルブルクの概要

サンクトペテルブルクは、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するロシア西部の都市で、

1914年までロシア帝国の首都であった。

第一次世界大戦開戦以降はペトログラード、ソビエト連邦時代はレニングラードと呼ばれた。

英語圏ではセントピーターズバーグと呼ばれ、日本語では短く「ペテルブルク」と表記されることも。

ロシア有数の世界都市、港湾都市で、鉄道・国際航路の要衝でもあり、

モスクワに次ぐロシア第二の都市である。

人口が100万を超える都市としては世界で最も北に位置する。

サンクトペテルブルクは世界遺産と文学の都市

1

市内には運河が巡り橋も多いので「北のベニス」としても有名なロシアの観光名所。

市内に点在するエルミタージュ美術館、

血の上の救世主教会、

聖イサク聖堂や郊外にあるペトロパブロフスク要塞、

各種宮殿や庭園など世界遺産も盛りだくさん。

世界遺産に指定されている名所はいずれも観光にはおすすめ。

また、プーシキン、ゴーゴリ、ドストエフスキーなどの作品に登場した町でもあるので

ロシア文学の行間にある雰囲気を肌で感じることができる。

サンクトペテルブルクは世界遺産がいっぱい

2

水の都は市内郊外に世界遺産がいっぱい。

モスクワに首都が移転する以前は文化の中心地だったので、市内や郊外に観光スポットが充実している。

幕間にアペリティフや軽食がつまめるマリインスキー劇場はバレエ公演のみならず

オペラハウスとしても人気。

ストロガノフ家の伝統料理、サワークリームの風味がきいたビーフストロガノフや

パイ風のピロシキは肉やキノコをつめた食事用とフルーツを盛り込んだデザートタイプを試してみたい。

ショッピングなら歴史的建造物もあるネフスキー大通りへ。

スリも多いそうなので要注意。

ツアー期間は数多くの世界遺産をじっくり見ることができるように余裕をもって設定しよう。

-ヨーロッパ, ロシア, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

神々の古代都市、テオティワカン(メキシコ)

古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている 紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。 ここには、メソアメリカ先住民が建造した …

地球の箱庭、ヒスイの大地、テ・ワヒポウナム(南西ニュージーランド)

テ・ワヒポウナムの概要 テ・ワヒポウナムの大部分はフィヨルドランド国立公園となっていて、 大小14のフィヨルドを見ることができます。 テ・ワヒポウナムは、マオリ語で「グリーンストーン(翡翠)の産地」を …

謎が謎を呼ぶ高度な古代文明!モヘンジョダロの考古遺跡(パキスタン)

モヘンジョダロの概要 モヘンジョ=ダロは、インダス文明最大級の都市遺跡。 紀元前2500年から紀元前1800年にかけ繁栄し、最大で4万人近くが居住していたと推測される。 しかしその後短期間で衰退した。 …

実はフランスと関わりが深い、宮島 嚴島神社(広島)

宮島 嚴島神社の概要 松島・天橋立とならび、日本三景のひとつとして知られる景勝地である。 嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、 平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社 …

謎多き古代の空中都市?マチュ・ピチュ歴史保護区(ペルー)

マチュ・ピチュ歴史保護区の概要 マチュ・ピチュの歴史保護区は、ペルーのクスコ県にあるマチュ・ピチュ遺跡と、 その周辺を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。 マチュ・ピチュ遺跡はインカ …