ヨーロッパ ロシア 世界遺産の紹介

北のベニス、サンクトペテルブルク(ロシア)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

サンクトペテルブルクの概要

サンクトペテルブルクは、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するロシア西部の都市で、

1914年までロシア帝国の首都であった。

第一次世界大戦開戦以降はペトログラード、ソビエト連邦時代はレニングラードと呼ばれた。

英語圏ではセントピーターズバーグと呼ばれ、日本語では短く「ペテルブルク」と表記されることも。

ロシア有数の世界都市、港湾都市で、鉄道・国際航路の要衝でもあり、

モスクワに次ぐロシア第二の都市である。

人口が100万を超える都市としては世界で最も北に位置する。

サンクトペテルブルクは世界遺産と文学の都市

1

市内には運河が巡り橋も多いので「北のベニス」としても有名なロシアの観光名所。

市内に点在するエルミタージュ美術館、

血の上の救世主教会、

聖イサク聖堂や郊外にあるペトロパブロフスク要塞、

各種宮殿や庭園など世界遺産も盛りだくさん。

世界遺産に指定されている名所はいずれも観光にはおすすめ。

また、プーシキン、ゴーゴリ、ドストエフスキーなどの作品に登場した町でもあるので

ロシア文学の行間にある雰囲気を肌で感じることができる。

サンクトペテルブルクは世界遺産がいっぱい

2

水の都は市内郊外に世界遺産がいっぱい。

モスクワに首都が移転する以前は文化の中心地だったので、市内や郊外に観光スポットが充実している。

幕間にアペリティフや軽食がつまめるマリインスキー劇場はバレエ公演のみならず

オペラハウスとしても人気。

ストロガノフ家の伝統料理、サワークリームの風味がきいたビーフストロガノフや

パイ風のピロシキは肉やキノコをつめた食事用とフルーツを盛り込んだデザートタイプを試してみたい。

ショッピングなら歴史的建造物もあるネフスキー大通りへ。

スリも多いそうなので要注意。

ツアー期間は数多くの世界遺産をじっくり見ることができるように余裕をもって設定しよう。

-ヨーロッパ, ロシア, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

魔法使い伝説?古代都市ウシュマル(メキシコ)

ウシュマルは、メキシコ東部のユカタン州の都市、メリダの南にあるマヤ文明の遺跡です。 ウシュマルの遺跡の多くは、紀元700年から1,100年の間に建てられたと言われており、 その中でも観光客に人気なのが …

植民地時代の華やかさを感じる・プエブラ歴史地区(メキシコ)

正式名称はエロイカ・プエブラ・デ・サラゴサ。 スペイン植民地時代のコロニアルとキリスト文化が色濃く残る歴史都市。 プエブラはメキシコのプエブラ州の基礎自治体の1つで、 その中心地プエブラ・デ・サラゴサ …

世界最大の大仏がある!峨眉山と楽山大仏(中国)

峨眉山と楽山大仏の概要 峨眉山と楽山大仏(がびさんとらくさんだいぶつ)は、中国・四川省にある、 1996年にユネスコの世界遺産に登録された物件。 峨眉山は五台山、普陀山、九華山と並ぶ中国国内の四大仏教 …

日本の世界遺産候補!神宿る島・沖ノ島と関連遺産群とはどんなところ?(福岡)

神宿る島・沖ノ島の概要 沖ノ島(おきのしま)は、九州本土から約60km沖合に位置する、玄界灘に浮かぶ周囲4kmほどの孤島。 女人禁制など数々のタブーが残る九州の秘島「沖ノ島」が、 世界文化遺産候補とし …

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …