アメリカ 世界遺産の紹介 北米・中米

地球の時限爆弾?イエローストーン国立公園(アメリカ)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

イエローストーン国立公園はアイダホ州、モンタナ州、

及びワイオミング州に位置するアメリカ合衆国の国立公園で。

イエローストーンは世界最古の国立公園で、8,980平方kmにわたる。

(日本との比較で言うと、四国の約半分)

この国立公園は地球上の約半分の温泉、約3分の2もの間欠泉があり、

七色に輝く巨大な温泉など、熱水現象による極めて特異な自然景観を成していることで有名で、

グリズリーやオオカミ、アメリカバイソン(バッファロー)やワピチ(エルク)の群れが生息している。

地上に残された数少ない手付かずの巨大温帯生態系の一つ。

1872年に世界で最初の国立公園として指定され、1978年世界遺産に登録された。

イエローストーン火山について

イエローストーン地区は北アメリカ大陸最大の火山地帯。

現在でも地下には非常に大量のマグマが溜まっており、

近い将来(数十万年以内)にまた破局噴火を起こす可能性が高いと言われている。

これまで70万年に一度の頻度で噴火しており、

最後の破局噴火は64万年前であるが、その噴火は比較的小さな噴火であったにも拘らず、

火山灰の地層はメキシコ湾に達した。

現在 マグマが噴出している場所はないが、地震が活発化しており、この10年間で公園全体が

10cm以上隆起し、池が干上がったり、噴気が活発化するなど危険な兆候が観察され、

新たに立ち入り禁止区域を設置したり、観測機器を増設したりしている。

イエローストーンの地下20kmから50kmまでには約4.6万km3のマグマだまりがあり、

地下1800マイルの地球の核から直接マグマを供給すると考えられている。

最古の噴火口は1800万年前のもの。

イエローストーン国立公園の見どころ

広大なイエローストーン国立公園は大きく5つの以下の」エリアに分類されます。

1)ガイザー・カントリー
2) マンモス・カントリー
3) キャニオン・カントリー(イエローストーン大渓谷)
4) ルーズベルト・カントリー
5) レイク・カントリー

一日ですべての観光スポットをじっくり見て回ることはできないので、

最低でも二日はツアーが必要です。

イエローストーン国立公園のガイザー・カントリー

ガイザー(間欠泉)とホット・スプリングが数多くあるエリア。

中でも、オールド・フェイスフルの間欠泉は噴出する湯の高さが50m前後と高いだけでなく、

それが噴出する頻度が約一時間と比較的短く(この傍にはビジターセンターやロッジなどもある)

これを見に訪れる人の数は非常に多い。

通常は 大きな間欠泉ほど噴出の間隔が長く、年に数回しか噴出しないものもある。

イエローストーン国立公園のマンモス・カントリー

ここは唯一冬の間でもオープンしている所でビジターセンターやロッジなどがある。

地下から湧き出てくる温泉に含まれる石灰分によって形成される巨大なテラスが広範囲に見られる。

多量の石灰が湧き出ているので その形や色は一週間単位で変わっている。

イエローストーン国立公園のキャニオン・カントリー

32kmにわたって続く渓谷には二つの大きな滝と黄色の岩の絶壁の渓谷があり、

その景観は迫力満点。

特に、4 km のノース・リム・ドライブには 滝のすぐ近くまで行くことの出来るトレイルもあるので、

滝の水が足元から滝壺に落ちて行く迫力ある場所も行ける。

イエローストーン国立公園のルーズベルト・カントリー

ルーズベルト・カントリーの中心となるルーズベルト・ビレッジには

素朴なレストランと宿泊設備がある。

そして、その近くのタワー滝は見所。

この一帯は、これと言った見所がないと思われるかも知れないが、

様々な野生動物が生息しており、アニマル・ウォッチャーが好んで訪れる。

イエローストーン国立公園のイエローストーン・カントリー

イエローストーン湖はカルデラ湖で その大きさは琵琶湖の約半分。

広々とした湖面とそれを取り囲む山々の景観が美しく、ボートに乗ったり、

レイク・クルーズでそうした景色を楽しんで見るのも良い。

道路沿いには熱水と蒸気が噴出している湖畔の温泉なども見られる。

イエローストーン国立公園の間欠泉と温泉

1

この国立公園は地球上の約半分の温泉、約3分の2もの間欠泉があり、

七色に輝く巨大な温泉など、熱水現象による極めて特異な自然景観を成している。

間欠泉、温泉、沼地、火山の噴気孔を見れば、

現在も火山活動していることが、とても良く分かります。

イエローストーン国立公園は地下数kmにマグマ層が迫っている

「ホットスポット」と呼ばれる場所にあり、熱水現象の4分類

(温泉、間欠泉、泥壺、噴気孔 )全てが一度に見られる。

ここに集まる熱水現象の数は約10,000で、これは世界中で見られる熱水現象の半分をも占めている。

目にも鮮やかなグリーンやブルーの温泉プール、地の底から豪快に熱水を噴き上げる間欠泉、

ボコボコと弾け飛び散る泥壺、シューシューと不気味な音をたててガスを噴き出す噴気孔。

イエローストーンの大地に立つと、地球が生きていることを実感せずにはおられません。

これらを見るには、マンモス・ホット・スプリングス、

ノリス・ガイザー・ベイスン、オールド・フェイスフル周辺、

ウエスト・ガイザー・ベイシン、マッド・ボルケーノに行くことをお勧めします。

1

破局噴火が起こればイエローストーン国立公園が消えるどころではない?!

超巨大噴火が起きた場合、イエローストーン国立公園は完全に消えてなくなるという。

米国土の広範に甚大な被害をもたらし、地球全体を変えてしまうほどの威力を秘めた

超巨大火山「スーパーボルケーノ」が眠る。

イギリスの科学者によるシミュレーションでは、もし破局噴火が起きた場合、

3〜4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に着き、米国の75%の土地の環境が変わり、

火山から半径1000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死し、地球の年平均気温は10度下がり、

その寒冷気候は6年から10年間続くとされている!

最近イエローストーン国立公園で分かの兆候が?

世界最大規模の火山であるアメリカの“イエローストーン火山”の動きが活発化してきており、

4日間で60回も中規模な群発地震が発生した。

・イエローストーン国立公園の火山性の湖の水温は20度に上昇し高い数値になった。

・バイソン、ヘラジカなどの動物たちが次々に逃げ出している

(この時期には食料を求めて標高の低い場所へと移動するもの。後で帰ってくるという反論がある)

政権は、アメリカの西半分が破壊されるほど大規模な噴火や

地震が起こる可能性があるにもかかわらず、このような情報を隠蔽していると言われています。

イエローストーン国立公園の噴火はいつ起こる?

火山活動の再開は2075年頃になると予想されていたが、

2003年イエローストーン国立公園では噴火が予定より50年は早まる兆しが確認されている。

現時点ではそれよりも、地震や小規模の噴火が起こる可能性の方が大きく、

そちらの方が懸念されるとしている。

イエローストーン国立公園は少なくとも1万年は大噴火しない?

イエローストーンには、専門家が10人ほど常駐して火山の活動をモニタリングしており、

地質学者でオレゴン大学教授のイリヤ・ビンデマン氏は、

イエローストーンの火山岩の鉱物の分析から、直ちに噴火することはないと確信しているとし、

「私たちは過去の活動を知っており、それと比較して

イエローストーンが今どの状態にあるかもわかっている」と述べた。

ビンデマン氏の分析では、イエローストーンの火山は休止期にあるという。

少なくとも100万から200万年以内には起こると予測している。

イエローストーンのグランドキャニオン

この大瀑布はイエローストーン・リバーの上流・下流の滝も含まれています。

この景色はキャニオン・ヴィレッジ・エリアとタワー・フォール、

そしてタワージャンクションの南にある

カルサイト・スプリングス展望所から見ることができます。

深く切り立つ峡谷を目の前にした時、その荘厳で雄大な景色に誰もがしばし言葉を失い、

その場に釘付けになってしまいます。

また、峡谷にあるアッパー滝とローアー滝を始め、

公園内に点在する無数の大小様々な滝の美しさも忘れてはなりません。

1

イエローストーン国立公園の野生動物

イエローストーン国立公園には、他州では考えられない程様々な野生動物を見られます。

訪れる人々の一番の目当ては野生動物と言っても過言ではありません。

グリズリーやブラックベア、オオカミ、マウンテンライオン、エルク、バイソン、

プロングホーン、ムース、ビッグホーンシープなど。

また、多くの鳥類も見ることができます。

イエローストーン国立公園が発見されたとき

1800年代に当時のトーマス・ジェファーソン大統領が、

未開の地を調査するために構成した探検隊により初めて報告され、

それから数十年後のミシシッピ川上流域の調査により、

ようやくその存在が知られるようになりました。

イエローストーンを初めて目にした人々はそのあまりに素晴らしい大自然の姿に

「ここは全ての人類の霊域。少数の利益のために開発すべきではない」とされ、

1872年、ユリシス・グラント大統領の署名により、世界初の国立公園となった。

イエローストーン国立公園の日本からのアクセス

イエローストーン国立公園を目指すには、アメリカ・ワイオミング州のジャクソンへ。

日本からの直行便はなく、アメリカの主要都市(デンバーなど)で乗り継ぎ約18時間で到着します。

ジャクソンの空港からイエローストーン国立公園までは車で約1時間半。

ジャクソンを拠点として観光するか、イエローストーン国立公園内もしくは付近にも宿があります。

公園内の観光には専用車でのガイドツアーもおすすめ。

日本からのツアーだとだいたい50万円前後で観光できます。

-アメリカ, 世界遺産の紹介, 北米・中米

執筆者:

関連記事

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …

世界最大のサンゴ礁!グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

グレート・バリア・リーフの概要 日本が入るほど巨大な珊瑚礁グレートバリアリーフ。 ダイビングや遊覧飛行などアクティビティ満載! グレート・バリア・リーフは、オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ …

大きくて荘厳なインド代表格、タージ・マハル(インド)

タージ・マハルは、インド北部アーグラにある。 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃のため建設した 総大理石の墓廟として1632年から22年の歳月をかけて造営されました。 …

映画で有名?世界一美しいと噂のアマルフィ海岸(イタリア)

アマルフィ海岸の概要 アマルフィ海岸は、イタリア南部のソレント半島南岸、アマルフィ一帯のサレルノ湾に面した海岸。 「世界一美しい海岸」と云われ、1997年にユネスコの世界遺産に登録された。 アマルフィ …

実はフランスと関わりが深い、宮島 嚴島神社(広島)

宮島 嚴島神社の概要 松島・天橋立とならび、日本三景のひとつとして知られる景勝地である。 嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、 平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社 …