イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

自然の絶景、セント・キルダ(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

セント・キルダは、イギリス領の孤立した群島。

スコットランド、アウター・ヘブリディーズの最西端の島々。

最大の島はヒルタ島で、イギリスで最も高い、海岸に面した断崖絶壁がある。

これらの島は家畜の放牧や海鳥の猟が行われていた。

セント・キルダには少なくとも2000年間、人が暮らしてきた歴史があったが、

人口はおそらく180人を超えることはなかった(1851年以降は100人を切った)。

1930年、4島のうち唯一の有人島であったヒルタから住民全体が避難した。

夏のあいだは科学者たちや保全作業員、ボランティアがやってくるものの、

現在、唯一1年を通じて島に暮らすのは、防衛担当者だけ。

島の文化遺産には、有史以前の時代からの様々なユニークな建築の構造が含まれている。

セント・キルダには固有のヒツジが生息している

2つの種類の異なる古い種類のヒツジがこれらの離島で生き延びてきた。

新石器時代の種であるソアイ種、鉄器時代の種であるボーレー種である。

非常にアクセスの悪いソアイ島にいるヒツジはユニークな種で、

このヒツジは野生動物として生息しており、

新石器時代のヨーロッパにいた古いヒツジの末裔と考えられている。

体が小さく、尾が短く、通常体は茶色の毛、腹は白い毛で覆われている。

羊毛は自然に脱皮する。

ボーレー島のヒツジは野生のまま残され、これらが現在ボーレー種とみなされている。

セント・キルダには固有の小動物なども生息している

島は多くの貴重な、シロカツオドリやコシジロウミツバメ、

ニシツノメドリ、フルマカモメといった海鳥の繁殖地でもある。

セントキルダミソサザイとセントキルダノネズミは島独自の亜種。

セントキルダタンポポは、タンポポのセント・キルダ固有種として2012年に認められた。

夏になると、セント・キルダのかつての住民がそのままの状態で残していった

多くの壊れた建物を修復するため、ボランティアの一団が島を訪れる。

島は、1957年にできた小さな軍事基地と共存している。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

原爆ドーム(広島)

原爆ドームの概要 現在では、被爆当時の惨状を残す姿がノーモア・ヒロシマの象徴として、 時代を越えて核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。 ※なお、原爆ドーム内部に立ち入る …

世界遺産の温泉リゾート地!バース市街(イギリス)

まるでテルマエ・ロマエ! バース市街は、イギリス南部にあるお風呂発祥の地として知られる。 イギリスの中で、ロンドンに次いで観光客数の多い都市です。 バース市街全体が18世紀から19世紀にかけてのジョー …

自然と化石の宝庫!カナディアン・ロッキー山脈自然公園群(カナダ)

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の概要 カナディアン・ロッキー山脈自然公園群とは、カナダの西部に存在する世界遺産。 3,000m級の美しい山々に、氷河や峡谷、湖沼、鍾乳洞、針葉樹林など、手つかずの …

謎多き古代の空中都市?マチュ・ピチュ歴史保護区(ペルー)

マチュ・ピチュ歴史保護区の概要 マチュ・ピチュの歴史保護区は、ペルーのクスコ県にあるマチュ・ピチュ遺跡と、 その周辺を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。 マチュ・ピチュ遺跡はインカ …

魔の三角領域?バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(イギリス)

「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。 この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 一つひとつの建物が認定されるという訳では …