イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

自然の絶景、セント・キルダ(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

2

セント・キルダは、イギリス領の孤立した群島。

スコットランド、アウター・ヘブリディーズの最西端の島々。

最大の島はヒルタ島で、イギリスで最も高い、海岸に面した断崖絶壁がある。

これらの島は家畜の放牧や海鳥の猟が行われていた。

セント・キルダには少なくとも2000年間、人が暮らしてきた歴史があったが、

人口はおそらく180人を超えることはなかった(1851年以降は100人を切った)。

1930年、4島のうち唯一の有人島であったヒルタから住民全体が避難した。

夏のあいだは科学者たちや保全作業員、ボランティアがやってくるものの、

現在、唯一1年を通じて島に暮らすのは、防衛担当者だけ。

島の文化遺産には、有史以前の時代からの様々なユニークな建築の構造が含まれている。

セント・キルダには固有のヒツジが生息している

2つの種類の異なる古い種類のヒツジがこれらの離島で生き延びてきた。

新石器時代の種であるソアイ種、鉄器時代の種であるボーレー種である。

非常にアクセスの悪いソアイ島にいるヒツジはユニークな種で、

このヒツジは野生動物として生息しており、

新石器時代のヨーロッパにいた古いヒツジの末裔と考えられている。

体が小さく、尾が短く、通常体は茶色の毛、腹は白い毛で覆われている。

羊毛は自然に脱皮する。

ボーレー島のヒツジは野生のまま残され、これらが現在ボーレー種とみなされている。

セント・キルダには固有の小動物なども生息している

島は多くの貴重な、シロカツオドリやコシジロウミツバメ、

ニシツノメドリ、フルマカモメといった海鳥の繁殖地でもある。

セントキルダミソサザイとセントキルダノネズミは島独自の亜種。

セントキルダタンポポは、タンポポのセント・キルダ固有種として2012年に認められた。

夏になると、セント・キルダのかつての住民がそのままの状態で残していった

多くの壊れた建物を修復するため、ボランティアの一団が島を訪れる。

島は、1957年にできた小さな軍事基地と共存している。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

沖縄の歴史とドラマを感じる、首里城跡など、琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄)

琉球王国のグスク及び関連遺産の概要 琉球王国のグスク及び関連遺産群は、沖縄本島南部を中心に点在するグスクなどの琉球王国 の史跡群から構成されるユネスコの世界遺産である。 2000年に日本で11件目の世 …

重要文化財の宝庫!姫路城(兵庫県)

姫路城は、兵庫県姫路市にある日本の城。 江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、 国宝や重要文化財に指定され、日本100名城などに選定されている。 建築技術の粋を極めた傑作として、19 …

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは? 1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。 ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、 立石、 …

紅の豚の舞台…美しい水の都、ヴェネツィアとその潟(イタリア)

ヴェネツィアとその潟の概要 ヴェネツィアとその潟(-かた)は、イタリアのヴェネツィアの世界遺産登録物件(1987年)。 ヴェネツィアは5世紀にアドリア海の干潟(ラグーナ)に築かれ、 118もの小島から …

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …