イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

謎スポット!ストーンヘンジ、エーヴベリー遺跡群(イギリス)

投稿日:2016年6月28日 更新日:

1

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群とは

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群とは

イングランドのウィルトシャーにあるユネスコの世界遺産。

世界遺産登録対象となっているのは、特定の記念建造物ではなく二つの地域で、

それぞれ「ストーンヘンジと関連する記念建造物群」と

「エーヴベリーと関連する記念建造物群」の名で登録されている。

その二つの地域は30 km ほど離れている。

ストーンヘンジ自体は英国の国家遺産として保有・管理されている。

今からおよそ4500年前。エジプトのピラミッドが建造されていた頃、

ストーンヘンジの外周部分が完成しようとしていた。

これらは現在のイギリス人やアングロサクソン人が、

ブリテン諸島で暮らし始める以前から存在していたといわれています。

ストーンヘンジとは

言わずと知れた有名なストーンヘンジとは、

巨大な環状列石(ストーンサークル)のこと。

“天に架かる石”という意味のストーンヘンジは、

緑の草原にサークル上に並べられた高さ4メートルから5メートルの巨石です。

中世の人々にとっても、神秘の存在だったと考えられます。

紀元前3000年頃から作られたストーンヘンジを中心とした巨石建造物群で

建造年代から大きく三期に分けられている。

建造目的は諸説あってはっきりしていない。

ストーンヘンジには天文学の知識がつかわれている?

夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、

中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇ることから、

設計者には天文学の高い知識があったのではないかと言われている。

ストーンヘンジは高い技術がつかわれている

最大で50トンにもなるサーセンストーン(珪質砂岩)は、

約30km離れたマールバラ・ダウンズからコロとテコを使って運び出されたもの。

当時としては高度な技術が使われており、

倒れないよう安定させるため石と石の間には凹凸(でこぼこ)がある。

立石と横石はほぞ穴に突起をかませる方法で固定され、

横石同士は溝で繋ぎ合わされています。

その内側の同心円状に並べられた82個あったと見られるブルーストーン(玄武岩)はさらに古く、

サウスウェールズのプレセリの丘からはるばる運ばれたと考えられています。

ストーンヘンジを作った目的は今もわからない

ストーンヘンジ遺跡を作った目的については、

太陽崇拝の祭祀場、

古代の天文台、

王の墳墓説、

UFOの発着場説、

ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂など、

さまざまな説が唱えられているが、未だ結論はでていない。

地面に垂直に立っている石が「メンヒル」、

垂直な石の上に、水平の石が並べられてつながっている構造物を「ヘンジ」という。

水平の石には、接続部に凹凸があり、水平の石どおしがぴったり組み合わさるようになっている。

なお、地面に倒れた石も、かつては垂直に立てられるか、その上に載せられていた。

環状のヘンジの内側にあった、3つの巨石を門型に組み合わせて作られた「トリリトン」。

ストーンヘンジの中心部に5組あり、馬蹄形に並べられていた。

エーヴベリーとは?

エーヴベリーとは、その名の通りエーヴベリーのヘンジを中心としている。

エーヴベリーはほとんど観光地化されておらず、

小さな集落の周辺にメンヒルが立ち並んでいる。

エーヴベリーの集落には路線バスの停留所がある。

紀元前3千年紀後半の建造と推測されているが、

建造目的についてはストーンヘンジ同様にはっきりしていない。

ストーンヘンジの行き方アクセス

ロンドン・ウォータールー駅から鉄道で約1時間半、

ソールズベリー駅下車、バスに乗り継ぎ約40分。

「ストーンヘンジ」と「エーヴベリー」をつなぐバスも運行されています。

ストーンヘンジ周辺の様子

ストーンヘンジの周辺は広大な牧草地。

すっかり観光地化されているストーンヘンジ。

そばにはビジターセンター、軽食も食べられるカフェ、

土産物屋などがあり、観光客であふれている。

遺跡周辺は数百年前からこのような農業地帯であり、

遺跡の石は、農地のための石垣、水路などに用いられるために持ち去られたものも多いらしい。

遺跡のすぐそばを幹線道路A303とA344が通る。

ストーンヘンジはツアーでいける

ストーンヘンジ周辺は英国政府が設立した団体「イングリッシュ・ヘリテイジ」により管理され、

ビジター・センターで入場券を買うか、ツアーに参加しないと遺跡には近寄れない。

ネットで「ストーンヘンジ ツアー」と検索すれば、

ロンドンからのバスツアーがたくさん出てくる。

ロンドンからの日帰りツアーがほとんど。

ストーンヘンジのみに行く場合なら7~8時間ほど、

他の観光地も巡るツアーなら11~12時間ほど。

日本語でネット予約できる。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

魔の三角領域?バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(イギリス)

「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。 この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、 一つひとつの建物が認定されるという訳では …

魔法使い伝説?古代都市ウシュマル(メキシコ)

ウシュマルは、メキシコ東部のユカタン州の都市、メリダの南にあるマヤ文明の遺跡です。 ウシュマルの遺跡の多くは、紀元700年から1,100年の間に建てられたと言われており、 その中でも観光客に人気なのが …

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、キリスト教の聖地であるスペイン、 ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。 ローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大巡礼地に数えられている …

日本の世界遺産候補!神宿る島・沖ノ島と関連遺産群とはどんなところ?(福岡)

神宿る島・沖ノ島の概要 沖ノ島(おきのしま)は、九州本土から約60km沖合に位置する、玄界灘に浮かぶ周囲4kmほどの孤島。 女人禁制など数々のタブーが残る九州の秘島「沖ノ島」が、 世界文化遺産候補とし …

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザから ダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザから ダハシュールまでのピラミッド地帯の概要 メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯は、 エジプトにある世界遺産です。1979年に文化遺産と …