イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

魔の三角領域?バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(イギリス)

投稿日:2016年6月29日 更新日:

1

2

「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、

2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。

この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、

一つひとつの建物が認定されるという訳ではなく、

地域一帯すべてが世界遺産となる「歴史地区」と呼ばれるものの一つで

セントジョージの街全体が対象になっています。

歴史的に重要な時代を示す史跡として認められ世界遺産となりました。

セント・ジョージとは

セント・ジョージは、バミューダ諸島のバミューダ島にある町。

バミューダ諸島中最初に定住が進められた町であり、

今日でもアメリカ大陸最古のイギリス植民地とされている。

イギリスの軍事拠点として、アメリカとの貿易の中継地として栄えた街です。

バミューダ島とは

もともとはスペインのジョン・バミューダが1503年に発見し、発見者の名前にちなんで命名された。

が、新大陸アメリカを目指していたイギリスの移民船が1609年にバミューダ沖で難破し、

その時の移民者達が当時、無人島だったバミューダ島に上陸し

暮らすことになったことがきっかけとなり、

バミューダ諸島はイギリスの植民地となった。

セントジョージは大砲の進化が観察できる

セントジョージ関連要塞群の施設が、17世紀から20世紀にかけての

イギリスの軍事的技術の進歩として大砲の発達の変遷が良くわかることから

非常に高い価値があるとされています。

魔の三角領域?バミューダトライアングルも有名

セントジョージの街は、17~18世紀につくられた石灰岩の真っ白な家が並び、

その美しい光景は今もそのまま残っています。

しかしバミューダ諸島は世界遺産に認定されるまでは、

魔の三角領域「バミューダトライアングル」として有名な場所です。

バミューダトライアングルとは、フロリダ半島の先端とプエルトリコ、

バミューダ諸島を結んだ三角形の海域で、船や飛行機に異常が多く発生したり、

または乗務員のみが船や飛行機から忽然と姿を消してしまうという伝説が語られ恐れられてきました。

現在は海がきれいなエリアとして人気があります。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

ジブリ映画ラピュタのモデル?アンコール遺跡群(カンボジア)

アンコール遺跡の概要 アンコール遺跡は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置する 現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡。 深い森の中に現れる、途方もな …

当時世界最大の製糸産業、富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬)

富岡製糸場と絹産業遺産群の 富岡製糸場と絹産業遺産群は、群馬県富岡市の富岡製糸場、および伊勢崎市、藤岡市、 下仁田町の2市1町に点在する養蚕関連の文化財によって構成される世界遺産。 日本の近代化への寄 …

重要文化財の宝庫!姫路城(兵庫県)

姫路城は、兵庫県姫路市にある日本の城。 江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、 国宝や重要文化財に指定され、日本100名城などに選定されている。 建築技術の粋を極めた傑作として、19 …

神々の古代都市、テオティワカン(メキシコ)

古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている 紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。 ここには、メソアメリカ先住民が建造した …

ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸(イギリス)

ジャイアンツ・コーズウェーとは ジャイアンツ・コーズウェーは、イギリス・北アイルランドにある、 火山活動で生まれた4万もの玄武岩の柱状奇岩が連なる地域で、 海岸線上に伸びるその異様な景観は約8kmも続 …