イギリス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

魔の三角領域?バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(イギリス)

投稿日:2016年6月29日 更新日:

1

2

「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、

2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。

この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、

一つひとつの建物が認定されるという訳ではなく、

地域一帯すべてが世界遺産となる「歴史地区」と呼ばれるものの一つで

セントジョージの街全体が対象になっています。

歴史的に重要な時代を示す史跡として認められ世界遺産となりました。

セント・ジョージとは

セント・ジョージは、バミューダ諸島のバミューダ島にある町。

バミューダ諸島中最初に定住が進められた町であり、

今日でもアメリカ大陸最古のイギリス植民地とされている。

イギリスの軍事拠点として、アメリカとの貿易の中継地として栄えた街です。

バミューダ島とは

もともとはスペインのジョン・バミューダが1503年に発見し、発見者の名前にちなんで命名された。

が、新大陸アメリカを目指していたイギリスの移民船が1609年にバミューダ沖で難破し、

その時の移民者達が当時、無人島だったバミューダ島に上陸し

暮らすことになったことがきっかけとなり、

バミューダ諸島はイギリスの植民地となった。

セントジョージは大砲の進化が観察できる

セントジョージ関連要塞群の施設が、17世紀から20世紀にかけての

イギリスの軍事的技術の進歩として大砲の発達の変遷が良くわかることから

非常に高い価値があるとされています。

魔の三角領域?バミューダトライアングルも有名

セントジョージの街は、17~18世紀につくられた石灰岩の真っ白な家が並び、

その美しい光景は今もそのまま残っています。

しかしバミューダ諸島は世界遺産に認定されるまでは、

魔の三角領域「バミューダトライアングル」として有名な場所です。

バミューダトライアングルとは、フロリダ半島の先端とプエルトリコ、

バミューダ諸島を結んだ三角形の海域で、船や飛行機に異常が多く発生したり、

または乗務員のみが船や飛行機から忽然と姿を消してしまうという伝説が語られ恐れられてきました。

現在は海がきれいなエリアとして人気があります。

-イギリス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

海に浮かぶ西洋の驚異!モン-サン-ミシェルとその湾とその湾(フランス)

モン-サン-ミシェルとその湾の概要 モン・サン=ミシェルは、フランス西海岸、サン・マロ湾上1キロほど沖 に突き出た岩山、及びその上にそびえる修道院。 海に浮かぶ岩山で、フランスでもっとも有名なカトリッ …

大きくて荘厳なインド代表格、タージ・マハル(インド)

タージ・マハルは、インド北部アーグラにある。 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃のため建設した 総大理石の墓廟として1632年から22年の歳月をかけて造営されました。 …

原爆ドーム(広島)

原爆ドームの概要 現在では、被爆当時の惨状を残す姿がノーモア・ヒロシマの象徴として、 時代を越えて核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。 ※なお、原爆ドーム内部に立ち入る …

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザから ダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザから ダハシュールまでのピラミッド地帯の概要 メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯は、 エジプトにある世界遺産です。1979年に文化遺産と …

ベルバラで有名な豪華建造物!ヴェルサイユ宮殿と庭園(フランス)

ヴェルサイユ宮殿は、1682年にフランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿である。 パリの南西22キロ、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。 主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、 庭 …