スペイン ヨーロッパ 世界遺産の紹介

イスラーム建築の華!グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ、アルバイシン(スペイン)

投稿日:2016年6月30日 更新日:

1

スペイン南部、グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシンはスペインにある

世界遺産に登録されたグラナダの世界遺産としての名称である。

アルハンブラ宮殿、王族の避暑地として造られたヘネラリーフェ、

グラナダ最古の居住地であるアルバイシン地区の3つがひとつの世界遺産を構成しています。

アルハンブラ宮殿(ナスル朝宮殿)

アルハンブラ宮殿はグラナダのイスラーム建築の最高傑作とされる。

8世紀~約800年の間イベリア半島を支配したイスラム教徒の王たちの栄華を伝えてくれます。

その美しさから「イスラーム建築の華」とよばれることもある。

アラベスク模様や鍾乳洞を髣髴とさせるような天井装飾であるムカルナス(モカラベ)、透

かし彫りの窓などで美しく装飾され、まさに荘厳のひとこと。

「蜂の巣」と呼ばれ世界最高の建築とたたえられることもある。

入場制限が実施されており、チケットの入手が近年難しくなっているそうです。

アルハンブラ宮殿飾り装飾の間

天井には繊細でとても美しいイスラムの装飾様式「ムカルナス」が見事に残ってる。

アルハンブラ宮殿ライオンの中庭(噴水)

アルハンブラ宮殿内の潤沢な水の利用が、水がまさに豊かさの象徴であったことを物語る。

アルハンブラ宮殿ライオンの中庭(パンテオン)

アルハンブラ宮殿には左右対称の美が随所に見られ、当時の美意識を今に伝える。

噴水を支える12頭のライオンの口からは、1時間ごとに1頭ずつが水を噴き、

時刻を知らせていたとも言われています。

アルハンブラ宮殿大使の間

グラナダの強い日差しが、すかし彫りの窓から差し込む様は大変美しい。

王族の避暑地ヘネラリーフェ離宮

1

ヘネラリーフェ離宮はアルハンブラ宮殿から徒歩で約10分ほどの丘を登ったところにあり、

1319年に王族のための夏用の離宮として造営された。

水の宮殿と称される離宮には、ネバダ山脈の雪解け水が引かれ、

各庭園には、土地の高低差を利用して造られた池や水路、泉水が数多くあります。

イスラムの民にとって、水は憧れであり、生命の象徴でした。

イスラームの天国をイメージしたとされ、詩人に好んで歌い上げられた。

ヘネラリーフェからは豊かな緑越しに赤壁のアルハンブラ宮殿を見ることができます。

アセキアの中庭

離宮中央にあるアセキアの中庭は、スペインにおけるイスラム庭園の代表ともいわれています。

約50mの細長いアセキア(掘割)を囲むように、花壇や噴水、柱廊が設置されており、

水路を囲む噴水からは、弧を描くように水が噴出しています。

バラ、ユリ、ジャスミン、オレンジ、などたくさんの花や木が爽やかな香りを漂わせている。

グラナダ最古の居住地アルバイシン

2

アルバイシンはグラナダ市内でもっとも古い地区とされる。

元々はイスラーム教徒のための居住区である。

城塞都市として発展し、かつてはアラブ人の居住区でした。

白壁を特徴とし、その景観を壊す開発が禁じられている。

高台にあるサン・ニコラス教会前の展望台からはアルハンブラ宮殿の全景を見ることができ

展望台に行くなら、空が夕日に染まる時間帯に行くのがオススメ。

カルデリア・ヌエバ通り

アルバイシン地区のサン・ニコラス教会からグラナダの町の中央に下りていくと、

カルデレリア ヌエバ通りというアラブ街にぶつかります。

その通りには、モロッコ雑貨店やアラブ風の飲食店が軒を並べていて

スペインにいることを一瞬忘れてしまいそうになります。

-スペイン, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

大仏に代表される古都奈良の文化財(奈良)

古都奈良の文化財の概要 古都奈良の文化財は、奈良県奈良市にある8つの寺院 (東大寺、春日大社、春日山原始林、興福寺、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡) などから構成される世界遺産です。 1998年1 …

現在進行形の島・スルツエイ(アイスランド)

50年前に誕生した火山島「スルツェイ」 2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、 1963~1967年の火山活動により形成された新島です。 スルツェイ島は誕生直後から波による浸食に …

マヤ暦のピラミッド?チチェン・イッツァ(メキシコ)

チチェン・イッツァは1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。 ジャングルの中に点在するマヤ文明最大の中心都市の遺跡群。 ユカタン半島のユカタン州州都メリダの東、約120キロメートルに …

神々の古代都市、テオティワカン(メキシコ)

古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている 紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。 ここには、メソアメリカ先住民が建造した …

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは? 1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。 ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、 立石、 …