イタリア ヨーロッパ 世界遺産の紹介

映画で有名?世界一美しいと噂のアマルフィ海岸(イタリア)

投稿日:2016年7月1日 更新日:

1

2

アマルフィ海岸の概要

アマルフィ海岸は、イタリア南部のソレント半島南岸、アマルフィ一帯のサレルノ湾に面した海岸。

「世界一美しい海岸」と云われ、1997年にユネスコの世界遺産に登録された。

アマルフィ海岸の中心地であるアマルフィは中世に海洋都市国家として栄えた都市。

30 キロメートルに及び海岸線には斜面に張り付くように小さな町が点在している。

降り注ぐ太陽と白い町並みがまぶしい高級リゾート地で、

町の中心には千年の歴史をほこる大聖堂、アマルフィ大聖堂がある。

それを取り囲むように坂道と狭い路地が複雑に入り組んで、まるで迷宮のよう。

人々は中世から変わらぬ生活を続け、レモンを畑で育て、坂の下まで人の手と足で運ばれる。

ソレントからサレルノまでの湾岸道路からはティレニア海を見渡せる。

アマルフィ海岸の名前の由来は神話?

ヘラクレスが愛したニュンペーの名に由来した地名で

「ヘラクレスはそのニュンペーと仲睦まじく暮らしていたが、ある日突然、彼女が死んでしまう。

それを嘆いたヘラクレスはこの世でもっとも美しい土地に彼女を葬り、

街を切り開いて彼女の名を付けた」とされる。

アマルフィ海岸の宝石のような街並み

海岸線には美しい町が点在しています。

切り立った崖に張り付いたような町はとてもかわいらしく、

まるで海に落ちないように踏ん張っているかのよう。

パステルカラーで彩られた民家が密集していて眺めるだけで心躍ります。

西のソレントから東のサレルノにかけて、ポジターノ、プライアーノ、フローレ、

アマルフィ、ラヴェッロ、ミノーリ、マイオーリ、ヴィエトリ・スル・マーレと町が続いています。

アマルフィの西にあるコンカ・デイ・マリーニの近くには

エメラルドの洞という美しく奇妙な洞窟もあります。

急カーブが続く海岸線は道がとても狭く、バスで行くと窓から下は断崖絶壁という光景が味わえます。

狭いカーブ手前では派手にクラクションを鳴らして勢いよく走り抜ける様は、

まるでジェットコースターに乗っている気分。

映画「アマルフィ 女神の報酬」で注目を浴びる

2009年に公開された、織田裕二主演の映画「アマルフィ 女神の報酬」で

日本でもアマルフィ海岸に注目が集まりました。

映画の評価はとても高く、ストーリー性があって、サスペンス映画として成功を収めました。

イタリアで撮った映画ということで、観光プロモーション映画ではという前評判もありましたが、

実際は話が面白く展開もスピーディで、クオリティの高い娯楽映画となっています。

アマルフィ海岸はカプリ島・青の洞窟も日帰りできる

アマルフィ海岸(アマルフィ・ポジターノ)から夏のシーズン中は

カプリ島への往復の航路も運航されます。

日帰りカプリ島、青の洞窟観光も楽しめます。

アマルフィ海岸のアクセス

アマルフィ/ナポリからソレント、またはサレルノまで鉄道で約1時間。

それぞれの駅からバスで約1時間30分

空路ならナポリ・カポディキーノ国際空港がおすすめ。

アマルフィ海岸の定期路線バスや船

アマルフィ海岸の諸都市、ソレント(ナポリ)、サレルノは、

沿岸のパノラマが美しいレモン街道(国道163号線)を走る定期路線バス(SITA)や、

沿岸航路の船での行き来が便利です。

アマルフィ海岸のおすすめプラン

アマルフィ海岸はとても美しく、1泊程度だと足りないと思います。

でもレンタカーを借りて旅行はちょっとハードルが高いでしょう。

バスに乗ってスリリングな気分を味わい、ちょっと豪華なホテルに泊まって、

おいしい地元料理を満喫してください。

アマルフィ海岸の町はどこも美しいですが、一番はアマルフィです。

アマルフィを起点に、ポジターノやラヴェッロなどを観光するのがお勧めです。

アマルフィ海岸の個人ツアー

カプリ島やイスキア島、アマルフィ海岸などを快適に観光するツアーあります。

現地在住で日本語で案内してくれるので話しを聞くのも面白くて安心。

個人で楽しくアレンジしてくれます。

-イタリア, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

ウエストミンスター宮殿、ウエストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)

ウエストミンスター宮殿とは ウェストミンスター宮殿は、イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に存在する宮殿。 現在は英国議会が議事堂として使用されている。 ウエストミンスター宮殿は、世界で最も有名と言 …

植民地時代の華やかさを感じる・プエブラ歴史地区(メキシコ)

正式名称はエロイカ・プエブラ・デ・サラゴサ。 スペイン植民地時代のコロニアルとキリスト文化が色濃く残る歴史都市。 プエブラはメキシコのプエブラ州の基礎自治体の1つで、 その中心地プエブラ・デ・サラゴサ …

神々の古代都市、テオティワカン(メキシコ)

古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている 紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。 ここには、メソアメリカ先住民が建造した …

自然の絶景、セント・キルダ(イギリス)

セント・キルダは、イギリス領の孤立した群島。 スコットランド、アウター・ヘブリディーズの最西端の島々。 最大の島はヒルタ島で、イギリスで最も高い、海岸に面した断崖絶壁がある。 これらの島は家畜の放牧や …

ジブリ映画ラピュタのモデル?アンコール遺跡群(カンボジア)

アンコール遺跡の概要 アンコール遺跡は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置する 現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡。 深い森の中に現れる、途方もな …