アジア タイ 世界遺産の紹介

木の根で覆われた仏頭は必見!古都アユタヤ遺跡群(タイ)

投稿日:2016年7月1日 更新日:

1

古都アユタヤの概要

アユタヤ遺跡群といえば、タイの人気観光スポット!

1991年に古都アユタヤの名前で登録されており、14~17世紀まで栄華を極めた王朝の、

歴史や美しさが現代にも残っています。

アユタヤは流れの穏やかなチャオプラヤー川、パーサック川、

ロップリー川に囲まれた中州に位置し、貿易に最適な地形だった。

アユタヤ王朝はその独占貿易で莫大な利益を収め、同時に上座部仏教を信仰していた王は、

この莫大な利益を元に数々の寺院(ワット)を作り出した。

1767年にビルマ(ミャンマー)の攻撃を受けて壊滅的な状況となり、アユタヤ王朝は消滅。

同時にアユタヤ市内の建造物や石像は徹底的に破壊され、現在は王宮跡と寺院跡が残っています。

王宮も台座を残すのみとなった。

同じアジアですが、日本とは全く異なる建築様式や色彩美に圧倒されます。

古都アユタヤの王宮跡

ビルマに攻撃を受け、1767年に消失した王宮は

レンガや柱の跡などが残る廃墟です。

古都アユタヤのワット・プラ・マハタート

1

ワット・マハータートは仏教寺院の廃墟で、木の根で覆われた仏頭で有名な遺跡です。

アユタヤ王朝三台目の王、ボーロマ・ラーチャーティラート1世によって建てられました。

高さ50mとも言われた仏塔。

発掘調査の結果ワット・マハータートには地下室があることが発見されており、

墓泥棒により荒らされていたものの地下17mまであることが分かっています。

1

古都アユタヤのワット・ローカヤスター

1

ワット・ローカヤスターは、アユタヤ王朝時代の仏教寺院の廃墟で、

ワット・ローカヤスターラームとも呼ばれています。

ミャンマー軍の攻撃により当時あった他の仏教施設は破壊され、

現在は涅槃仏(ねはんぶつ)が残っています。

古都アユタヤのワット・プラ・シー・サンペット

1

アユタヤ王宮にある最も重要な寺院です。

東西に並ぶ3つのストゥーパ(仏塔)には、

歴代の王の内3人の遺灰が納められていると言われています。

かつては仏塔の東側に本堂が建立され、高さ16m、重さ171kgの純金に覆われた立仏像がありました。

その仏像の名前が「プラ・シーサンペット」と言い、寺院名の由来でもあります。

夜になるとライトアップされ、昼とは違った表情を見せてくれます。

古都アユタヤのワット・チャイワッタナーラーム

ワット・チャイワッタナーラームは、1630年に建立された寺院です。

36mの仏塔と、その横に立つ小さな仏塔のある景色は、

タイのアンコールワットとも言われています。

アユタヤー遺跡で一番きれいな遺跡とも言われ、特に夕日時は美しい。

郊外に立っておるのでタイとビルマ軍の戦争時に完全な破壊から免れました。

古都アユタヤのワット・ラーチャブラナ

王位継承で互いに殺し合ったという二人の兄のために、

8代目の王、ボロマ・ラーチャティラート二世が建立したという寺院です。

1958年に修復された際に、多くの宝物類が発掘され、

現在はチャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されています。

古都アユタヤのワット・モンコン・ボビット

「プラ・モンコン・ボビット」という

仏像を祀る「ワット・モンコン・ボビット」。

タイ国内で最も大きいブロンズ仏像の一つです。

鮮やかな赤と白の外壁が目印です。

古都アユタヤのワット・プララーム

ラメスワン王が父ウートン王の葬儀のために建立したとされる

アユタヤ王朝初期の寺院。

古都アユタヤのワット・ヤイ・チャイ・モンコン

修行僧の瞑想の場として初代ウートン王に建てられた寺院です。

塔には途中まで登ることができます。

ズラッと並んだ仏像は壮観!

古都アユタヤのアヨダヤ水上マーケット

ちょっと船が不安でしたが、観光客向けのちょっと大き目の船なので安心。

フルーツや衣類、色々とあり何も買わなくても見ているだけで

そこでの生活も垣間見え楽しめます。

運河沿いにはボードウォークが設けられ、その両サイドにアユタヤ様式の

伝統家屋をモチーフとした、様々なお店が軒を連ねています。

風習は薄れていましたが、最近は歴史を復活させようとする動きが盛んです。

古都アユタヤの日本人町跡

広い公園内にある日本人町の跡地。

アユタヤと日本の貿易の最盛期には日本人町の人口は1,000人~1,500人もいたそう。

古都アユタヤのワット・パナン・チューン

高さ19mの座仏像。アユタヤがビルマにより破壊された中で奇跡的に残った寺院です。

本殿内には多くの仏像が祀られ、多くの参拝客が訪れています。

古都アユタヤのバンパイン宮殿

アユタヤ王朝24代目のプラサート・トーン王により

バーン・パ・イン島に建設された夏の避暑用離宮。

古都アユタヤの像乗り体験

アユタヤ遺跡の西側に、エレファントキャンプという像の訓練場があります。

草を食べたりしながらゆっくり歩く像に乗って遺跡巡りもできるほか、

ショーや餌やり体験も楽しめます。

古都アユタヤのアクセス

バンコク、北ターミナルよりバスで約1時間15分、

またはファランポーン駅より電車約1時間30~50分

バンコクから日帰りで観光することができます。

アユタヤ遺跡群の散策は、自転車やバイクを借りるのがおすすめです。

-アジア, タイ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

世界最古の木造建築!法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)

法隆寺地域の仏教建造物の概要 法隆寺地域の仏教建造物は、奈良県生駒郡斑鳩町にある法隆寺および法起寺(ほっきじ)の建造物から構成される世界遺産。 この遺産には法隆寺の建造物47棟と法起寺の三重塔を加えた …

北のベニス、サンクトペテルブルク(ロシア)

サンクトペテルブルクの概要 サンクトペテルブルクは、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するロシア西部の都市で、 1914年までロシア帝国の首都であった。 第一次世界大戦開戦以降はペトログラード、ソ …

貴重なブナの原生林!白神山地(青森県・秋田県)

白神山地の概要 白神山地は、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる約13万haに及ぶ広大な山地帯の総称です。 ここには人為の影響をほとんど受けていない世界最大級の原生的なブナ林が分布し、 この中に多種多 …

徳川幕府の聖地!東照宮など日光の社寺(栃木)

日光の社寺の概要 日光の社寺(にっこうのしゃじ)は、栃木県日光市にある2社1寺に属する 103棟の建築物群と周辺の景観遺跡から構成される世界遺産。 日光東照宮(とうしょうぐう)、日光二荒山神社(ふたら …

地球の箱庭、ヒスイの大地、テ・ワヒポウナム(南西ニュージーランド)

テ・ワヒポウナムの概要 テ・ワヒポウナムの大部分はフィヨルドランド国立公園となっていて、 大小14のフィヨルドを見ることができます。 テ・ワヒポウナムは、マオリ語で「グリーンストーン(翡翠)の産地」を …