カナダ 世界遺産の紹介

自然と化石の宝庫!カナディアン・ロッキー山脈自然公園群(カナダ)

投稿日:2016年7月2日 更新日:

1

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の概要

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群とは、カナダの西部に存在する世界遺産。

3,000m級の美しい山々に、氷河や峡谷、湖沼、鍾乳洞、針葉樹林など、手つかずの自然が残っています。

100万年前の氷期に、この一帯は氷河に覆われました。

氷河は山々を激しく削り、解けては多くの川や滝、湖となりました。

4つの国立公園と隣接する3つの州立公園、約230万ヘクタール以上で構成されていて、

ホテルやロッジで長期滞在する人も少なくありません。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の構成

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群は、

以下の4つの国立公園と3つの州立公園によって構成されている。

・バンフ国立公園 (アルバータ州)
・ジャスパー国立公園 (アルバータ州)
・クートニー国立公園(ブリティッシュコロンビア州)
・ヨーホー国立公園(ブリティッシュコロンビア州)
・ハンバー州立公園
・アシニボイン山州立公園
・ロブソン山州立公園

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のバージェス頁岩

カナディアンロッキーは自然の宝庫だけではなく、化石の宝庫としても知られています。

実ここは5億年前は海の底。

海底で生きていた三葉虫などの様々な生物の化石が発見されてきた。

バージェス頁岩(バージェスけつがん)とは、約5億500万年前(古生代カンブリア紀中期)の

海棲動物群を化石として閉じ込めた、そのころ海底崖であったところの堆積層。

それまで発見されたことのなかった動物化石が軟体組織まで鮮明に保存された状態で

大量に出土したことで有名であり、そこから発見されたアノマロカリス、

オパビニア、ハルキゲニア、マーレラなどの動物群は「バージェス動物群」

と称され、現在も発掘・研究が続けられる。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のバンフ国立公園

カナダで最初の国立公園に指定された「バンフ国立公園」には、

ターコイズブルーの水をたたえたモレーン湖やミネワンカ湖、

ルイーズ湖などの美しい湖沼群などの見どころがあります。

カナディアンロッキーの玄関であるバンフ国立公園には現在、

年間400万人もの観光客が訪れます。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のジャスパー国立公園

東京都のほぼ5倍、カナダ最大の国立公園である「ジャスパー国立公園」では、

標高2,464mのウィスラー山からのパノラマや野生動物との出合いを楽しめます。

カナディアン・ロッキー山脈の新名所「グレイシャー・スカイウォーク」

1

「コロンビア・アイスフィールド・グレーシャー・ディスカバリービジター」から、

専用シャトルバスでアクセスできる2014年5月にオープンした絶景の展望台。

断崖絶壁から35mほど強化ガラス製の展望回廊がせり出しており、

スリル満点の絶景散策を楽しめます。

雄大な氷河や280m真下に広がるサンワプタ渓谷、

カナディアン・ロッキーの山々を眺められる特等席です。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のヨーホー国立公園

アルバータ州のバンフ国立公園から鉄道で西へ向かうと、

ブリティッシュ・コロンビア州との州境で、

キッキング・ホース峠を越えます。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のクート二ー国立公園

クート二ーには鉄道が通じていないので、車で行くしかありません。

そのため、 ほかの公園よりも静かで落ち着いた環境が保全されています。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のマウント・アシニボイン州立公園

公園のなかには、氷河 湖、草原に加えて、2400m級の山々が連なります。

天を突き刺すような山々は「カナディアン・ロッキーのマッターホルン」と呼ばれます。

車道が一本も通っていないことから、手つかずの自然景観が見られます。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のマウント・ロブソン州立公園

この山の標高は3954m、カナディアン・ロッキーの最高峰です。

カナディアン・ロッキーの数多い峰のなかでも、

1913年まで登頂に成功した者がいなかったというほどの難所で、

「カナディアン・ロッキーの巨人」と称されます。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のハンバー州立公園

フォートレス湖を中心に広がるハンバー州立公園は、

グリズリーとアメリカグマの一大生息地、高山植物の宝庫としても知られています。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園のアイスフィールド・パークウェイ

「ジャスパー国立公園」から「バンフ国立公園」へと続く

「アイスフィールド・パークウェイ」は、“世界で最も美しい道”と称される道。

200km以上にわたり、カナディアン・ロッキーが描き出す

美しい風景を望むドライブルートです。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のVIA鉄道カナディアン号

この鉄道は、太平洋岸に位置するバンクーバーから、

カナダ東部に位置するトロントを4泊5日で結ぶ大陸横断列車。

全行程の中でも、バンクーバーからジャスパーへと向かう1泊2日の区間は、

カナディアン・ロッキーの雄大なパノラマを望む美しいルートとして人気。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のルイーズ湖周辺に滞在がオススメ

バンフ国立公園内にあり、“カナディアン・ロッキーの宝石”とも称される

ルイーズ湖周辺に宿泊する旅が長期滞在にはおすすめ。

エメラルドグリーンの水面をたたえた湖、雄大な山々とビクトリア氷河など

朝、昼、夜と移り変わるカナディアン・ロッキーの美しい自然を楽しめます。

世界遺産に泊まるという贅沢な時間。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群での防寒

夏でも防寒具は必須です。

カナディアン・ロッキー周辺は寒暖差が激しいことでも知られており、

比較的温暖な5月~9月頃でも、最低気温が氷点下となることも!

フリースや薄手のダウンジャケットなど、温度調整をしやすい衣服を。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群のアクセス

バンフ国立公園へは、カルガリー国際空港より約127km、車で約1時間16分

エドモントンからジャスパーまでバスで約5時間

-カナダ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

海に浮かぶ西洋の驚異!モン-サン-ミシェルとその湾とその湾(フランス)

モン-サン-ミシェルとその湾の概要 モン・サン=ミシェルは、フランス西海岸、サン・マロ湾上1キロほど沖 に突き出た岩山、及びその上にそびえる修道院。 海に浮かぶ岩山で、フランスでもっとも有名なカトリッ …

血塗られた歴史?ロンドン塔(イギリス)

ロンドン塔の概要 ロンドン塔は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川の岸辺、 イースト・エンドに築かれた中世の城塞。 正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」と呼ばれるように、現在も儀礼的な武器などの …

日本の世界遺産候補!神宿る島・沖ノ島と関連遺産群とはどんなところ?(福岡)

神宿る島・沖ノ島の概要 沖ノ島(おきのしま)は、九州本土から約60km沖合に位置する、玄界灘に浮かぶ周囲4kmほどの孤島。 女人禁制など数々のタブーが残る九州の秘島「沖ノ島」が、 世界文化遺産候補とし …

マヤ暦のピラミッド?チチェン・イッツァ(メキシコ)

チチェン・イッツァは1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。 ジャングルの中に点在するマヤ文明最大の中心都市の遺跡群。 ユカタン半島のユカタン州州都メリダの東、約120キロメートルに …

元世界最大の銀山!石見銀山遺跡とその文化的景観の壮大な歴史に思いを馳せる(島根)

石見銀山遺跡の概要 石見銀山遺跡は日本海に面する島根県大田市のほぼ中央に位置し、 1526年に九州博多の豪商神屋寿禎(かみやじゅてい)に発見され、 約400年間も採掘されてきた鉱山です。 石見銀の採掘 …