スイス ヨーロッパ 世界遺産の紹介

スイスの名山、スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュ-ビーチホルン(アレッチ氷河)

投稿日:2016年7月2日 更新日:

1

2

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュの概要

「若き乙女」を意味するユングフラウをはじめ、アレッチュホルン、ビーチホルンなど

9峰がそびえるこの一帯は、スイス初の世界遺産登録地域。

4000万~2000万年前、大陸移動によって隆起した大地が山となり、

その後氷河の侵食によって切り立った絶壁になったと言われています。

多様性のある気候帯、高山植物や動物など多彩な生態系、

アルプスを代表する貴重な大自然とともに、アルピニズムの歴史、

芸術や文学、山岳観光など多くの分野で重要な役割を果たしたことも評価されています。

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュのアレッチ氷河

アレッチ氷河は、スイス・ヴァレー州にあるアルプス山脈最大の氷河。

ユーラシア大陸の西半分で見ても最大を誇る。

急峻なため登山は難しいが、季節のよい時期に登山鉄道を利用すれば、

一般観光客でも十分に絶景やハイキングを楽しむことができる。

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュのユングフラウヨッホ駅

ヨーロッパ最高地点(標高3,454m)にある鉄道駅、ユングフラウヨッホ駅。

長いトンネルを抜けた先にあり、鉄道を敷いた先人の偉業を感じられます。

高速エレベーターでスフィンクス展望台に上がれば、眼前は見渡す限りの銀世界。

約24kmにわたって延々と続くアレッチ氷河の展望は圧巻です。

1

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュの地球温暖化の影響

19世紀後半に観測がスタートしてから、大アレッチ氷河は約3kmも後退しており、

その溶解スピードは加速しています。危機感を募らせた地元自治体は、

電気自動車以外の侵入を禁止するなど取り組みを進めています。

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュの郵便局

ここには、ヨーロッパ1高いところに位置する郵便局があります。

ここから、是非、旅のお便りを投函してみてはいかがでしょう。

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチュのアクセス

グリンデルワルトからユングフラウヨッホまでユングフラウ鉄道で約1時間35分。

クライネシャイデックからは約52分。

-スイス, ヨーロッパ, 世界遺産の紹介

執筆者:

関連記事

大きくて荘厳なインド代表格、タージ・マハル(インド)

タージ・マハルは、インド北部アーグラにある。 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃のため建設した 総大理石の墓廟として1632年から22年の歳月をかけて造営されました。 …

謎が謎を呼ぶ高度な古代文明!モヘンジョダロの考古遺跡(パキスタン)

モヘンジョダロの概要 モヘンジョ=ダロは、インダス文明最大級の都市遺跡。 紀元前2500年から紀元前1800年にかけ繁栄し、最大で4万人近くが居住していたと推測される。 しかしその後短期間で衰退した。 …

謎多き古代の空中都市?マチュ・ピチュ歴史保護区(ペルー)

マチュ・ピチュ歴史保護区の概要 マチュ・ピチュの歴史保護区は、ペルーのクスコ県にあるマチュ・ピチュ遺跡と、 その周辺を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。 マチュ・ピチュ遺跡はインカ …

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(アイルランド)

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群とは? 1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。 ブルー・ナ・ボーニャは、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、 立石、 …

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁(イギリス)

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁は、 イギリス・ウェールズにある世界遺産。 13世紀に建てられた4つの城(ビューマリス城、カーナーヴォン城 コンウィ城、ハーレックス城)の総称である。 これらの城 …